花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【公認大会】爆発!ラヴァル隊!征竜も焼き尽くせ!!

20130406公認大会 (1)

先週、すすめ!ラヴァル隊!魔導を焼き尽くせ!ということで非公認大会奇跡の優勝を果たした仮ピーでしたが、本日、今度はなんか公認で優勝しおったで……。





先週の非公認大会では、魔道、征竜にスト勝ちを決めて優勝はしたものの、征竜や魔道に比べて安定性が低いラヴァルで、そう何度もワンキルできるわけではない、ということに危機感を覚えました。

なので今回はちょっと構築をいじりました。


ではレシピ。

メインモンスター。
20130406公認大会 (2)

増殖するGは征竜相手にはすごく役立ちます。

でも一枚しか持ってないです。
魔導相手には神判やデュノンに対して1枚ドローで妥協しましょう。

妖女が入っているのは、伝道場、爆発の二枚からワンキルできるように工夫した結果です。
最後の一押しや、シンクロモンスターがデュノン、ドラゴサックなどの打点を超えるようになるのはうれしいです。


続いてメイン魔法。
20130406公認大会 (5)
罠0です。

ここがちょっと変わってて、先週は罠が激流葬2、炎塵爆発の3枚が入っていたんだけど、それらを全部抜いて成金ゴブリンを三枚入れました。


伝道場で圧縮した後に使えば、爆発を引きやすくなっていい感じです。

他にも、櫃ブラスターブラスターでデッキが2枚減らせるので、圧縮の方法には困らないです。

そして伝道場が引けないときにはそれを引っ張ってくる役割もあります。

また、エアサーキュレーターとの相性がよく、二枚同時に引いたときは成金ゴブリンのドローが気に入らなくてもエアサーキュレーターで帳消しにできます。

そして成金ゴブリンですら圧縮する力が十分にあります。

相手の寿命を延ばしてでも、引きたいカードがラヴァルにはあるのです!

速攻のかかしがないときにも成金ゴブリンは使った方がいいです。

あいつが手札にいるときの安心感やばい。

20130406公認大会 (6)

エクストラはこちら。

ヴォルカ、持ってません。
クリブレ、持ってません。

上の二枚はあった方がいいです。クエイサーはいらない方がいいです。
奴を出しても一ターンに二回ビッグアイ出されて取られるだけなのです。

20130406公認大会 (4)


サイドデッキはこちら。

メイン罠0なのでサイドには罠いっぱい入れようかと思ったけど、今の環境は罠が弱いので遠慮しました。


魔導対策
ロックバードです。奴らを止めるのはこいつしかないです。
あと、あいつらはショウゲン、カイクウ入れてくるので、対策としてツクヨミが入っています。
また、裂け目も入ってくるのでサイクロンは必須です。
一方、メインから抜くカードは黄金櫃、増殖するG、かかしでしょうか。
かかしはあってもいいんですが、一ターンしのいでもアド差が付きすぎて勝てない場合が多いので抜きます。
あと、あいつらあんまりワンキルしないしね。


征竜対策
メタイオンですね。
先攻サックライダーとか言われたら、メインじゃたぶん倒せません。
メタイオンは後から引いても初手に握っていても強いし、しかも炎属性ということなのでブラスターのコストになったりと、ラヴァルでは特に大活躍です。
また、速攻のかかしが大活躍ですね。
あのデッキは割と簡単にクリムゾンブレイダーを出してくるんですが、かかしでしのいだ後にブラスターで対抗したいところ。
そして闇ウイルスを打ってくるので、とにかく魔法カードを減らすことを意識したサイドチェンジを心がけましょう。
成金3、増援、櫃を一枚、大嵐、こいつら抜いてもいいくらいです。
じつはロックバードが刺さる場面が序盤にあったりします。
宝刀、櫃サーチでスタートした場合、ロックバードを打てば超再生能力がそのターン使えなくなります。
でもやっぱり腐ることの方が多いですね。



ヴェルズ対策
ブラスターのおかげでだいぶ楽に戦えるようになりましたが、最近は聖衣、安全地帯、エクシーズリボーンを投入する等、ヴェルズ側も工夫をしてきています。
なのでサイドデッキからメタイオン、ツクヨミを入れておけば役に立ちます。
ツクヨミは召喚して①オピオンを裏にしてから淑女で割る、②オピオンを裏にしてブラスターで殴る、③オピオンを裏にして爆発を発動、ツクヨミも素材にして連続シンクロを行う、など三つの方法が考えられます。
もちろん裂け目対策のサイクロンはフル投入。
相手のヴェーラーは二戦目以降減っているので、裂け目があってもキャノンで割と戦えます。
でもやっぱりまだまだ苦手なデッキであると言えますね。




三軸炎星対策
あまり拘束力のないデッキなので、時間をかけなければ意外とあっさり倒せます。
二戦目以降も、クロウヴェーラーで止まってくれるので、当たったらラッキーと思ってもいいでしょう。
ただしこちらが事故ってターンを費やすとすぐに負けてしまうので気を付けましょう。




闇ウイルス対策
メインの魔法を減らすしかないんじゃないですかね。
伝道場爆発落ちて基本的に打たれたら負けですが、それはまあ、打たれなきゃ勝ちと割り切っていくしかないでしょう。
相手に引かれないことだけを祈る。それだけ。






ちなみに今週の公認大会では、
1回戦シード
2回戦魔導
3回戦TGビート
決勝征竜


魔導とはロックバードが仕事してブラスタービートして勝ち。
征竜とはスト勝ちだったんだけど、どちらの試合も伝道場と爆発を序盤でそろえられたので運が良かっただけの試合。

征竜相手にかかし二回もつかって申し訳なかったなw



そんなこんなで工夫を凝らしたラヴァルデッキ、CSではいつも使用者1名とかだけど、もうちょっと使う人増えてもいいんじゃないかなーって思う。


闇ウイルスが打てて拘束力の高いヴェルズが多いせいかな。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ