花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【創作メモ】創作廃棄物展示場。浮かばれたまへ
折りゴミ1 (6)


今、実家にいます。

というかまだ、実家にいます。

なので実家に集積されていた折りゴミがいっぱい出てきたのでその中から面白そうなものを紹介します。

ここ以外でこいつらが日の目を浴びることはたぶんないです。

折りゴミ1 (1)

帆船とクジラを折りなおしたときに生まれた残念作品。

帆船に使う紙の比率を間違えた。
帆船小さすぎワロワロリンwww






折りゴミ1 (2)
ピントもあっていない残念作品。

オリガミナイト系の作品のミウラ折りを、下半身に巻きつけてドレス風にしたものだったがうまくいかなかった。

むしろ北条さんの「バイオリン奏者」見たくヒダのままの方が燃費も仕上がりもいいという残念な結果に。






折りゴミ1 (3)

折り紙サムライの原型。

折りゴミ1 (4)

ポーズを限定することによってあえて腕のカドだしせず、代わりに甲冑、刀、鞘を一枚折りしようと試みたころの作品。

結局ポージングに拘りだしてからは等分を増やすという頭の悪い方向へ向かっていたようだ。







折りゴミ1 (5)

振袖が地面に垂れ下がっている形がひし形に見えたことから生み出された悲しい折りゴミ。

北条さんの人物像とカド配置がかぶる。

紙の中央からうまい具合に頭部が折りだせれば、ほかの折りゴミと比べてまだ伸びしろがあるといえる。






折りゴミ1 (6)

人物が座ったら脚は折らなくていいんじゃないのか、という思いつきで生み出された折り紙ドール。

二体折りをしてみようかと思ってテキトーに犬折りました。

完全に神谷さんのパクリですが。


あ、たぶんこのアイディア二度と使いません。






折りゴミ1 (8)

ピエタ像のヒダと人物同士の比率の確認だけして投げ捨てられた折りゴミ。

折りゴミ1 (9)

初めから「確認だけしたら折りゴミにする」と決めつけており始めた作品は、それ以降どんなに手を加えても人に見せられたものにはならないみたいですね。






折りゴミ1 (10)
折りゴミ1 (11)


もう見飽きたオリガミナイト系作品のひとつ。両手に剣と鞘を持ったタイプで、マントはすべてミウラ折りで埋まっている。

やりつくされているくせにこれと言って新しい要素もなかったので、ブログでも記事にしないまま針金も入れられず放置されていた。

これは割と真面目に折っているので続きを触ってみたい気もする。







折りゴミは一体どんな気持ちで完成作品を見つめているのでしょうか。

段ボールの中から光を浴びる完成作品を誇らしげに見送っているのか、それとも妬み恨みを抱えて処分される日を恐れ息をひそめる毎日を送っているのでしょうか。


たまにはそういうことを思ってやると、こいつらも浮かばれるかもしれないね。
↑そうかぁ?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ