花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【サンシャイン】仮ピー、空を飛ぶ
goukakukinennsyukugakai.jpg


昨日の祝賀会、仮ピーついにサンシャインさんと再会。

蝋の翼が溶けてしまったとかなんとかごちゃごちゃ言ってるけど。


サンシャインさんがかわいい。

頭おかしくなりそう

↑もとからそうかとか言うな


いつまでも過去の思い出に縛られるんじゃなくて、俺もちゃんと自分の人生と向き合うべきなんだって思ってたんだけど、こればっかりは無理。

つまり今後どんなに素敵な女性が現れたとしても、それらは仮ピーの目の前を通り過ぎるだけで、一方俺はサンシャインさんのことばっかり頭の中で追ってるわけですよね。

例えこの先、サンシャインさんが結婚して子供産んで年老いていったとしても、仮ピーは永遠にサンシャインさんの幻想を追い続けてしまう、そんな呪いにかけられてしまったわけですよね。


このままでは俺、きっとこの一生の恋愛観棒に振るだろうな、って思って、そのことに対するほんのりとした不安を抱いていたから、きっぱりとサンシャインさんを忘れられないかなって期待したけど無理だった

思い出補正とか、サンシャインさんの変化とか、一年間という月日から俺のサンシャイン像と現実のサンシャインさんとギャップがあれば、俺にとっていい終わり方だなって思ってたんだけど、完全に一年前よりかわいくなってますよね、あれ。

一年前でさえ、背景を吹き飛ばす威力のあったサンシャインさんがさらにかわいくなってましたよね。
もうマジ意味わからん。
そうや、思い出補正なんてそんなものなかったんや……。


サンシャインさんは本当にすごい。
世界一可愛い。

この記事を見ているみんなにも見せてあげたい。


間違いなく大学でモテまくりだろうなー。

大学が始まればすぐ、サンシャインさんの歩く後には男たちの長蛇の列。

サンシャインさんにとって俺はその列の中の一人にすぎないだろうけど、来世こそは生まれ変わりたい。


そう私は眼鏡になりたい。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ