花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
怖い体験をしても
いつも通り、帰りのバス停で下りた。

あたりはもう真っ暗。
おまけに田舎だから車もほとんど通っていない。
歩道の脇にある街灯の明かりがぽつぽつと道を照らしていた。

何の気なしに明かりの方を見ると、街灯の下に靴が置いてあった。


5メートルくらい先だったけど街灯の真下だったおかげでよく見える。
小学生が履くような大きさ。
いや、それよかよっぽど小さい。
青い布地でマジックテープタイプのやつだった。
それこそ、赤ん坊に履かせるようなヤツ。

靴だけ、しかも片方だけ、車道の方を向いておいてあった。
靴だけを道に落とすなんてそうそうあることではない。

不気味に思って俺は近づかずに帰った。
帰ってから思い返してみてもやっぱなんか怖い。
もちろん次の日の朝には靴は消えていた。

小銭じゃあるまいし、靴が片方だけ落ちていたからといって拾って帰るヤツなんかいるはずがない。
夕方6時過ぎから翌朝の6時頃までの間に、誰かが、おそらくは持ち主が取りに来たんだろう。

俺はふと、首が据わったばかりの赤ん坊が、よちよちと夜中の歩道を歩いてくる様子が頭に浮かんだ。

こんなにオカルトチックな経験をするのは初めてだった。
でも怖いって気分よりも、ブログのネタにするとおもしろいだろうなあという気分の方が大きかったところがまた釈然としねえ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
気をつけてって……
一体何に?

やだ何それこわい
2011/12/16(金) 00:53:17 | URL | 仮ピー  #- [ 編集 ]
No title
それお前の孕ませたガキだったんじゃね?
2011/11/24(木) 22:26:10 | URL | 名無しの黒髪眼鏡女子 #- [ 編集 ]
No title
姉様に同じく
2011/11/24(木) 20:44:45 | URL | よし #- [ 編集 ]
No title
気をつけて帰るんだよ
2011/11/24(木) 01:16:51 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.