花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【旅行】佐多岬の展望台に到着しました(3月17日)
佐多岬 (2)

サタデー号に乗った後、看板に従って佐多岬の灯台と展望台を目指す。

結構距離がありました。

佐多岬 (4)

車で進めるのは入口のトンネルまでで、そこからは徒歩で展望台と灯台を目指す。


佐多岬 (3)

トンネルの前には立派なガジュマルと、

佐多岬 (14)

こんな公衆電話がありました。

面白いですね。

ちなみにこの辺りの施設にはどこにでも「本土最南端の」という言葉が添えられていますよ。

佐多岬 (5)

さて、トンネルを抜けると、そこは南国風の山道。

ここを進めば展望台があるみたいですね、行ってみましょう。

佐多岬 (6)

そのさなか、山道沿いに美しい海が広がっているのが見えました。

佐多岬 (7)

サタデー号で見たサンゴがきれいだったので、この海の青さも納得です。

佐多岬 (8)

ARIAで明里達が海水浴に来ていたような入り江を見下ろしながら、

佐多岬 (9)

上りあり下りありの山道をなぞっていくと、

佐多岬 (11)
わりとすぐに展望台に到着!

佐多岬 (10)

あそこに見えるのが、あの有名な佐多岬の灯台ですね!

あの灯台は日本で最も歴史の古い灯台のうち一つなのだそうです。


よし、あそこまで行ってみよう!

佐多岬 (12)
母「ええー!あの小山三つも上って下りて登って下りて登って、灯台着いたらまた帰りに下りて登って下りて登って下りて登って下りて登らないといけないの!?だるい!」

父も腹が減ってめんどくさがっていたので今回は残念ながら見送り。


姉と一緒にまた来ればいいか、という一つの結論に達し、この日は昼食をとって帰りました。

佐多岬 (15)

非常に楽しい一日でした。

佐多岬 (17)
色んな風景と出会って家族とたくさん話をしたこの一日は、俺たち全員にとって貴重な思い出になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ