花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【旅行】家族で佐多岬までドライブ!涅槃城に寄ってみた(3月17日)
涅槃城 (1)

昨日のことだ。

突然だったのだが、家族全員そろったこの休暇中に家族でドライブすることになりました。



ハブられの姉ンゴwwwwwww




花岡―佐多


この桜の綺麗な季節、我々は南へ向かいます。


佐多岬という地名は聞いたことがありますか?

本土最南端という肩書を持つ場所です。


なぜここに向かうことになったかというと、特に理由はなく父親の思いつきです。

父にはよく、思いつきで家族を連れだすことがあります。

それもずいぶん久しぶりだったのですが。


佐多岬に目的なく向かう途中、父が思い出したように、
「そういえばこの辺りに涅槃城というのがあって、若いころ見たがそれは気味が悪かった」
というので、旅仲間である母、俺、妹は一目見ようと涅槃城へ向かいたいと申し立て。

そうしてたどり着いた超巨大な門。
涅槃城 (13)

きらびやかだがどことなく気味が悪い。

具体的にいうと、
・その城門の大きさ
・奇妙な形のシャチホコ
・大量の不気味な仮面
・めまいがしそうな色合いと装飾
人が全然いない
といった点が気持ち悪さの根源……?


車内では
「でかっ!何だあれ!気持ち悪っ!!」
と罵詈雑言が飛び交う傍ら、
「誰もいないみたいだけど車を進めて大丈夫なのか?」
という不安の声も。


涅槃城 (10)

なんかもう二度と出られないような不安感……。


涅槃城 (9)

門の横にはこのような植木の文字が。

「門も道もきっちり掃除されて綺麗だし、熱心に手入れをする人がいるみたいだ」

と推理する一行。


車を進めていくと、道の下に……
涅槃城 (8)
きたああああ!!

寝た黄金の仏像!

「おお!これか!思ったよりでかい!」
テンションが上がる一行。

涅槃城 (4)
さーて到着。

うわあああ!

これは……。


涅槃城 (7)

気持ち悪い……。

でも普通の釈迦像となにが違うのかわからない。

なんか頭痛してきた。
↑俺と妹どちらも

敷地内には4名ほど関係者が暮らしている様子。

彼らは嬉しそうに説明してきたが、ここは全国から信者が集まる聖地で、この日もバスで大勢の人がやってくる予定なのだとか。


我々は
「これから佐多岬のサタデー号に乗りますゆえ……」
と言って、逃げるように去った。


たぶん二度と行かないと思います。


さーて佐多岬へ行くぞー!




関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.