花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【デッキ考察】最強の魔導メタ!『暗黒の侵略者』を使いこなそう!
0331.jpg
暗黒の侵略者
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守2500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は速攻魔法カードを発動する事ができない。
0331.jpg

圧倒的なイラストアド!!

マイナーなカードだけど、蘇生制限のないレベル8のモンスターの中では、最高クラスの攻撃力と、超強力な効果も持つカードなんだぜ。


相手だけ速攻魔法を封じるという効果は、サイクロン、禁じられたシリーズ、月の書、超融合、デュアルスパークなどにとどまらず、除去とサーチを速攻魔法に頼る魔導デッキに対する大きなメタになりうる。

しかも!

いざ除去されそうになった時はウイルスの媒体にできるんだぜ!!

0319JY0006.jpg
500yugi110704_071.jpg


加えて、速攻魔法を封じる効果は相手だけに及ぶため、自分は悠々と速攻魔法を発動することができる。
いざモンスター効果や通常の除去魔法、あるいは罠を発動しようとしてきたら、禁じられたシリーズで守ってやるといいだろう。


0331.jpg
問題はどうやってこいつを場に出すか。

せっかく蘇生制限がないのだから、一度デッキや手札から墓地に送り、その後蘇生した方がいいだろう。

闇属性、レベル8ということもあって、ダグレ、終末、トレードインに対応している。

蘇生する手段としては、死者蘇生、リビングデッド、ダーククリエイターがある。

しかしこのカードを蘇生するにあたり、こんなカードもあるんだぜ!!
20110922235958758.jpg
ヘル・エンプレス・デーモン
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守2100
このカード以外のフィールド上で表側表示で存在する悪魔族・闇属性モンスター1体が破壊される場合、代わりに自分の墓地に存在する悪魔族・闇属性モンスター1体をゲームから除外する事ができる。
また、フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、「ヘル・エンプレス・デーモン」以外の自分の墓地に存在する悪魔族・闇属性・レベル6以上のモンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。



暗黒の侵略者と同様のレベル、属性、種族をもつため、トレードイン、終末、ダグレ、ダクリなどのサポートを共有できる。

しかも除去された場合には暗黒の侵略者を特殊召喚することができる。

暗黒の侵略者同様、自信を特殊召喚する効果がないため、こいつの召喚もサポートしなくちゃならないわけだが、こんな奇跡の適合を示すカードがある。
ee1261.jpg
デーモンの雄叫び
通常罠
500ライフポイントを払い発動する。
自分の墓地から「デーモン」という名のついたモンスターカード1枚を
自分のフィールド上に特殊召喚する。
このモンスターは、いかなる場合にも生け贄にする事はできず、
このターンのエンドフェイズに破壊される。



このカードでヘル・エンプレス・デーモンを特殊召喚し、エンドフェイズに自壊させると、エンプレスデーモンの効果で墓地から暗黒の侵略者を特殊召喚できる!

リビングデットとこれを合わせれば、サイクロン環境でもばっちり上級悪魔を操れるはずだ!



そしてデッキが完成!!

モンスター(17)
トラゴエディア×2
暗黒の侵略者×3
ヘルエンプレスデーモン×3
ダーククリエイター×2
ダークアームドドラゴン
ダークグレファー×2
終末の騎士
エフェクト・ヴェーラー×3


魔法(16)
トレード・イン×3
強欲で謙虚な壺×2
おろかな埋葬
闇の誘惑
大嵐
サイクロン×3
死者蘇生
禁じられた聖槍×2


罠(9)
デーモンの雄叫び×3
リビングデットの呼び声×3
闇のデッキ破壊ウイルス×2
魔のデッキ破壊ウイルス




おお、これはなかなかいいデッキなんじゃないか?



速攻魔法を封じる暗黒の侵略者で、ばっちり環境を侵略しちゃいましょう!!

奈落?幽閉?強脱?
知りまへんがな。

天機→ユウシ?
スパイクコスト重曹兵?

知りまへんがな。


雄叫びで媒体は簡単に用意できるので、このデッキを使うときはウイルスで頑張ってください。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ