花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
未知故に誰も反芻することができない。「月人工物論」
0a011539.jpg

いつも傍らにあり、何気なく眺めている月だけど、それがどうやって誕生したのか、それにまつわる様々な謎とか、そういうのを気にする人はごくわずか。

今回はそんな謎の一つについて紹介しようかな。

「月人工物論」は、俺が中学生の時にとある本(名前覚えてない)で出会った。

そのときは「どうせSFじみたでたらめな記事なんだろ」と思って気にしていなかったが、なんだかんだ言ってそれを読んでから三年以上経った今でも覚えている。

その名の通り、月はある文明によって作られた人工物なのではないか、という理論だ。

その根拠をいかに並べる。
なお、これらは学者によって様々な月人工物論が述べられている中で、俺が興味深いと思ったものをピックアップしたものだ。
人工物論を唱える学者同士でも意見の食い違う根拠が含まれているのかも知れないが、あくまで学者ではなく一般人の立場で記事を書いていることを理解していただきたい。



月のような衛星は本来、自転はしない(少なくとも他の惑星の衛星は)。
しかし月は知っての通り、なぜか公転している。
そのため都合良く地球からは片面しか見ることができない。  

さてその、見えない裏側というのは、図鑑などで見たことがある人も多いと思うが、真っ黒な色をしている。
これは、普段見ている表の月と、その反対側では、きれいに表面を構成する成分がちがうからなのだ。
(裏側は比較的堅い花崗岩の集まり)
なんで?
じつはそのことについて、現在よくわかっていない。

また、月のように惑星の周りを周回する衛星というのは、惑星の近くにある小隕石などを、重力を持ってして取り込み、そのまま回らせた場合が多い。
しかしそれにしては月ってでかすぎね?
地球サイズの惑星が、月ほど大きな衛星をもった例は他にはない。
しかも推定される月の質量は、とても地球の弱い引力では吸い寄せることはできないだろうという意見がある。

だったらどうやって月は誕生したのか。
一応、地球に超巨大な隕石が衝突して、飛び散った破片が地球の周りを公転し、その後衝突を繰り返して塊り、一つの衛星、つまり今の月が誕生したのではないか、という切もあることにはある。
まあ確かにそれならば地球の裏と表で成分が全く違うのにも、遠心力で成分が偏ったと説明できないこともないが(ちょっと苦しい?)。
でも月面で採取した石ころが、地球の年齢を越える53億年前のものっていうのはどういうことなの?

ご存じ月はクレーターがたくさんあって、その模様がウサギや女性の横顔に例えられることが多い。
なぜ月にクレーターが多いのか。

それは当然、地球には大気の層があるため、隕石はほとんどそこで燃え尽きるのだが、月の場合は大気の壁も何も無いため、月面に隕石はダイレクトアタックする。

そのため、月には地球と比べて圧倒的にクレーターが多い。

でもちょっとまってくれ。
月のクレーターの大きさ、深さから推定される隕石のは、どう考えても大気の層があったとしても地球に十分届く大きさなんですがwww
しかもいくら衛星とは言え、月には当然、地球より小さな引力しか持たないし、月にそれだけでっかい隕石が降ってくるくらいなら、地球にもそれくらいの隕石がぼろぼろ降ってきていてもおかしくはない。
というか降ってきていない方が不自然だ。

それにだいたい、隕石が衝突してできたクレーターの跡も不自然なんだ。
隕石がひゅーっと降ってきたら、べこんっってへこむのが普通なのに、
月の場合はひゅーん→べこっぼこっと、二段階のへこみ方をしている。
これは月の表面から少し深いところには、非常に堅い物質があるためだと考えられる。

そう、月は今まで、都合良く常に堅い花崗岩の部分を外側に向け都合良く隕石に強い構成をしており都合良くでっかい隕石ばかりが偶然月にばっかり衝突してきたということになる。
(都合良く地球に対してほどよい満潮干潮をもたらすなど、生態系にも重要な役割を担ってきた)

はいはい、これはもはや何者かがプログラミングをして、何者かが動きを統制しているとしか考えられないじゃないですか。

人工衛星なんていくらでも飛び交っているし、実際今の科学技術じゃできへんの?
俺もそう思った時期があった。
でも月ってやっぱでっかいわ。
地球から月を作ろうとしたら地球の石がなくなっちまう。

というのは冗談で、本気でもう一つの衛星(小さくてもいいから)を作ろうとするなら、やっぱりほかの小惑星とかから岩石をたくさんパクッてくるのが早いのかもね。
まあ運ぶのなんてとても無理だけど。

最後に、俺の最も驚愕した月の観測結果と、それから導かれる説を述べておきます。

月に探査機が到着。
月の表面を機械を使って震動させ、それによる月の地層の観測をどっかの研究チームが行った。
するとその震動は、あり得ないくらい広範囲に広がり、研究者達を驚かせたのである。
その広がり方は通常の天体ではあり得ず、ちょうどベルの震動とそっくりだったのだ。
え?なに?もしかして月の中って空洞なの?

これを持って生まれた月人工物論。
古代文明が作り上げた天体だとか、異文明が送り込んだ、地球を観測する装置なのか。
はたまた宇宙船そのものなのか。

俺たちの想像や妄想、このわくわくする未知なる世界に対するロマンはつきない。
月なだけにな!
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
せやな。

ちょっと難しい漢字遣ってみたかったんやろな。

おえっ。もぐもぐごくん
2013/08/30(金) 21:10:52 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
反芻って(笑)
牛かよ
反論の高級表現だとでも思ってるのか?
2013/08/30(金) 20:06:39 | URL | 名無しの黒髪眼鏡女子 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/21(木) 11:53:40 | | # [ 編集 ]
No title
最古の人工衛星、月。
現在稼働中。
2013/01/18(金) 05:17:46 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
No title
月の裏側には異文明の跡やタワーやドーム状の
構造物などあり、また内部には異星人がいて
地球を監視してますよ。一人でも多くの人に
知ってもらいたいですね。
2013/01/17(木) 19:23:14 | URL | escudo #- [ 編集 ]
月は人工的に作られたものです
あれは十尾の身体なのです
2011/11/18(金) 19:31:01 | URL | 根性無し #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.