花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
【カード考察】意外と原作では強かったカード


今回の記事では、俺が遊戯王の原作を読んでいて
「へえ、こいつこんな効果があったんだ」
というカードを数枚紹介します。

砦を守る翼竜
2393.jpg

OCGではフェアリードラゴンと融合し、カイザードラゴンになる。
通常モンスターのドラゴン族と通常モンスターのドラゴン族で融合し、ドラゴン族になれるため、凡骨ドローフュージョンゲートワンキルのデッキでは三積み必須のカードとなる。
(↑凡骨ドローワンキル楽しいよ作ってみてね)

原作では飛行能力を持ち、35パーセントの確率で敵の攻撃を回避することができた。

カードで再現するとしたら、サイコロを振って1と2が出た場合このカードに対する攻撃を無効、とかたぶんそんなん。



ミノタウロス
bb84874e.jpg
海馬の使用した下級モンスター。

後に激高のミノタウロスとしてリメイクされ、貫通効果を付与する強力なモンスターになっているが、原作ではじみーな効果も持っていた。

それは、ミノタウロスの斧は特殊合金であるため、炎攻撃を跳ね返すことができるそうだ。
その結果炎属性と戦闘を行う際、そのモンスターの攻撃力を300ポイントダウンできるらしい……。

今旬の炎星や炎王には効き目がある?
ユウシやバロンを倒したり……。



カタパルトタートル
0614.jpg
魔道サイエンティストと一緒に、「先攻ワンキル」の元祖を築いた偉大なカード。
仲間との信頼や絆を大事にする遊戯でさえ、このカードで様々なモンスターを射出している。

原作効果をOCG風にすると、下のようになるらしい。

星4/攻1000/守2000
以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分フィールド上のモンスター1体は攻撃力が500ポイントアップする。
エンドフェイズに選択したモンスターを破壊する。
その後、選択したモンスターの元々の持ち主は
そのモンスターの攻撃力の半分-250ポイントのダメージを受ける。
●このカードを除く自分フィールド上のモンスター1体を生け贄にする。
相手フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カード1枚を破壊する。
その後、生け贄にしたモンスターの元々の持ち主は
そのモンスターの攻撃力の半分のダメージを受ける。



銀幕のミラーウォールを破壊したり、闇暗ましの城の浮遊リングを破壊したりと原作ではなかなかの活躍を見せたようだよ。





要塞クジラ
Scan10442.jpg
要塞クジラは、遊戯王の初期に登場した水属性・魚族の儀式モンスター。

儀式モンスターという重さでありながら攻撃力はデーモンの召喚に劣るため、登場した当初もコレクション用のカードとしてしか見られていなかったようだ。

漫画では海デッキでシーステルス戦法をつかう加治木漁太が切り札にしていたモンスター。
原作では儀式モンスターではなく上級モンスターだったため、多少出しやすいカードではあった。

しかし彼のデッキには要塞クジラよりも攻撃力が高く、レベルも低い半魚獣フィッシャービーストがあった。

そのため要塞クジラは原作でも雑魚カードだったのでは?
との見方が強いが実は、漫画版の要塞クジラは驚くべき能力を三つも持っている。

・シーステルス戦法
フィールドが海の時、裏側表示のまま攻撃できる(ダメージはデュエルディスクが計算する)。

・浮遊
飛行能力を持ったクジラであるため、戦士、獣戦士族のモンスターは要塞クジラを攻撃できない。また、罠カードの効果を受けない。

・ホイール回転
飛行能力を持ったモンスターの攻撃を無効にできる。


おそらくこのカードは、原作では恐るべき耐性を有した超強力モンスターだったと思われる。

奈落の落とし穴、激流葬を踏まず、雷などごく一部の物理攻撃とブルーアイズやブラックマジシャンなどの魔法攻撃を除いては戦闘において無敵。
しかも海があればシーステルス戦法も可能という高スペックを持つモンスターというわけだ。


クジラは魚じゃねえっつってんだろ!


ちなみに魚族でスーパーレア以上のレアリティのカードは、
スーパーレアの要塞クジラと、ウルトラレアの自爆神チャクチャルアのみ。



青眼の究極竜

7a27c78552629a7eab2464e66998c202.jpg

でました遊戯王最強カード。

神を超越するしもべ!

ぶっちゃけ、この年になってもアニメや漫画でブルーアイズが活躍するシーンは感動する。


海馬が場に三体のブルーアイズを並べ、それに融合を発動して一体のアルティメットドラゴンにした際、
「総攻撃力9000なのに融合して4500に減らすなんてバカめ!」
と思った人もいるんじゃないか。

しかしそうではない。

アルティメットドラゴンは原作ではなんと、
モンスターに三回攻撃するという能力を持っている!

しかも戦闘ダメージは直火焼き。
これは強い。

まあ、原作の融合モンスターは召喚時攻撃できないという残念すぎるデメリットがあるんだよね……。






あとはクロスソウルで相手モンスター何体でも生贄にできたり、城之内の最強サイコロカード。
さらに起動効果でモンスターの攻撃力を1500下げることができるロケット戦士。

いろいろとひどい。

しかし極めつけはこのカードだよね
2381.jpg
原作では6枚ドローのチートカード。

アニメでノア倒したときはドンマイって感じだったな。


やっぱ原作遊戯王は久々に読み返すと面白い。

原作効果のカードで原作カードだけで遊びたくなる。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.