花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【創作折り紙】オリガミナイト展開図折り+物理学的見地からマントはどう靡いている?
P1040181.jpg

せっかく自分で展開図を書いてみたので、それをそれ通りに折ってみました。

本当にこれで折りたためんのかよ!って自信なかったけど全然問題なくてすっげー安心した。
P1040182.jpg

この辺の工程まで展開図になってる。


P1040185.jpg

腰回りのヒダを全部平面に折りたためば、展開図通り……。

あ、足はまだだったな。

脚も一応書いてます。

P1040186.jpg

せっかくだからかっこいいポーズつけようと思ったのでこんな感じになってます。

P1040187.jpg

さてこの時もう一工夫必要で、直立した状態と違うならヒダの面で放置のマント、それはないだろう……、という話です。


P1040186 - コピー
太い矢印の方向に人体が動いてたとしますよ?

そしたらマントはその動きについて行こうとする腰に近い部分と、マントの先はその動きに取り残された部分と、二つのベクトルがあるわけですね?

P1040187 - コピー

すると細い矢印の方向にマントと帯は靡くわけですね?

一方マントのしわは体の回転と同じ方向にスピンしてわけですね?


つまり現在のヒダの方向をさらに斜めに変換する必要がありますね?


だからこれが使えますね?
P1040189.jpg

こういうところで、

P1040190.jpg

いつだったかの蛇が息づいてくるわけですね。


つづく
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/11(月) 20:26:31 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ