花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【デッキ考察】煮えたぎる戦いの血!『熱☆血!剣闘!』
ラクエルゥゥゥ!!

前回の続き。

剣闘獣とウルフバーグを使ったデッキに、炎星入れたタイプを考えていこうということで、デッキ名に星がついてます



とは言っても入れる予定の炎星は一種だけの予定……。

エリート派遣社員、ユウシさんです。
CBLZ-JP024.jpg
「炎舞ー天機」でサーチして召喚すれば即座に効果がつかえ、ダイレクトアタックという状況になればそのターンには使えないけれど二枚目の天機を持ってこれます。
また、今回のデッキには、以前の『熱血!剣闘』には不採用だった天枢を入れたいと思います。
20121126_9e4545.jpg
こいつが剣闘獣の展開を助け、ガイザレスの融合召喚をスムーズにします。
ベストロセット→天枢→ダリウスラクエルでガイザレスにできます。
g8640881.jpg
ガイザレスから分裂後、攻撃力2200のラクエルを立たせることもできるので強力です。


今回もやはりウルフバーグ採用です。
ラクエルの愛人
自身、ラクエル、ユウシの三種類が効果の対象になります。

また、狙ったようにユウシと攻撃力が同じなので、ソウコの効果を発揮するのにも一役買います。
cblzjp048.jpg




従来の剣闘獣が「モンスター少なめの構築が基本」だったのは、手札からの特殊召喚効果を持つモンスターがなかったからですね。
手札のモンスターは一ターンに一枚しかさばけませんからね!

なので天枢の採用はかなり展開を助けてくれると思いますよ。


5821448.jpg
アンダルさんの剣闘獣の血が騒ぐぜ……

ではレシピ





熱☆血!剣闘!!

モンスター11

剣闘獣アンダル
剣闘獣ラクエル2
剣闘獣ダリウス
剣闘獣エクイテ
剣闘獣ベストロウリィ
剣闘獣レティアリィ
熱血獣士ウルフバーグ2
暗炎星ーユウシ2



魔法19

炎舞ー天機3
炎舞ー天枢3
剣闘訓練所3
禁じられた聖槍3
サイクロン3
死者蘇生
月の書
ブラックホール
大嵐


罠10

神の宣告
神の警告2
奈落の落とし穴2
強制脱出装置3
激流葬2



エクストラ

剣闘獣ヘラクレイノス
剣闘獣ガイザレス2
剣闘獣エセダリ
ヴェルズ・ウロボロス
色の支配者 ショックルーラー
ジェムナイト・パール
希望皇ーホープ
魁炎星皇ーソウコ2
ブラック・コーン号
イビリチュア・メロウガイスト
交響魔人マエストローク
ダイガスタ・エメラル
ガガガガンマン






天枢が仕事してくれるだろうということで、とりあえず炎王の急襲をOUT。

訓練所、天機がそれぞれ三枚ずつあるからといって、モンスター少なすぎか?
サーチカードが多いのは安定してくれるけど、ライオウに弱くなってしまうという短所もある。

訓練所、天機は後半に引いても腐らないだろう。
剣闘獣は融合でデッキに帰ってくれているはずだから。

逆に墓地にモンスターがたくさん落ちても、ウルフバーグやダリウスがきっちり仕事をこなすので、遠慮なくブラックホールや激流葬が使えます。

この構築の場合、剛健カーDがあってもよさそうな気がするが……。

なかなか枠が足りないもんだ。

本当は幻獣の角、天センも入れたいんだけど。


レシピを書いていて思ったが、天枢はなかなか見れば見るほど使いどころの多いカードだ。
20121126_9e4545.jpg

ウルフバーグ召喚→相手「奈落」→強制脱出で回避→天枢二度目の召喚
といったもの。

もちろん手札にレベル4が二体そろえば、片方が獣戦士であればランク4エクシーズまで持っていける

また、手札に二枚のレベルのそろったモンスターがいなくても、剣闘獣二体でだいたい天枢は活躍する。

レティアリィセット→天枢→獣戦士剣闘獣
で、即座に25打点を用意できるのは剣闘獣ならでは。
card100007462_1.jpg

エセダリが獣戦士族だったら完璧だった!!
打点といい種族といい、いろいろと惜しいモンスターだ。



仮ピー実はまだ天機三枚確保してないんだけど。
ウルフバーグ届いたら本気出す。


「熱☆血!剣闘!」の目標はズバリ、
炎星より強い!です。

ずいぶん大きく出ましたね。

しかしそれだけの期待値はあると我ながら思う仮ピーです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ