花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
【雑学】女だけが使える魔法の呪文「この人痴漢です!」
6ed64248-s.jpg
「この人痴漢です!」は、女性が唱えるだけで男性一人を社会から抹殺することができる上、お金も手に入る「魔法の呪文」である。
~魔法をかけられたとある男の物語~
出典:アンサイクロペディア「この人痴漢です!」


新婚ホヤホヤの篠岡夫婦。
和子「今日も迎えに行くからね。」
清司「りょ〜か〜い!」
アツアツ気分冷めやらぬ2人。
しかし、この日が2人にとって呪われた日になろうとは!?


その日の夜、駅で清司の帰りを待っていると…
女子高生が「この人痴漢です!」と呪文を唱えた。
ホームで痴漢騒ぎが!?するとそこには…
駅員室に連行されていく夫・清司の姿が。


女子高生 「あの人が私のお尻を触ったんです!パンツの中まで手を入れられたんですよ!とても怖かった…。」
と、このように駅員に訴える女子高生。清司は駅員室から警察署へと移動される。


警察からの電話を聞いた妻の和子は、慌てて警察署に駆け込む。まさか…ホントに夫が痴漢を…。


和子「痴漢するなんて、最低よ!」
清司「俺はやってないんだ!信じてくれ、あの女子高生がウソをついているんだ。
実際、清司は本当に痴漢をしていない。女子高生がウソをついているだけなのだが…、いくら清司が訴えても、和子は清司を完全に犯人扱い。


和子「こうなったらあなたとは離婚よ!
痴漢する最低な人間と付き合うなんてできないわ!」


やってもない痴漢で逮捕され、妻の和子には離婚され、当然のように勤めていた会社からも解雇され、目の前が真っ白になった清司。

しかし清司はあきらめずに、裁判で自分の無罪を証明することに。

裁判で訴えたとしても99.9%の確率で有罪になる(※本当)ので、本来なら確実に有罪にされてしまうとこだったのだが、奇跡的に良い弁護士と被告寄りの真摯な裁判官に恵まれたため、清司は運良く無罪を勝ち取ることができた。

こうして釈放される清司。
しかし、無罪が証明されたところで、自分の手元に一体何が残ったというのだろうか…


どっちにしろ痴漢に疑われたのだから、あいつはそういう奴なんだろう
植草教授だって一度は無罪になったけど、また痴漢で捕まったじゃないか。
あいつだって再び痴漢して捕まるに違いない。」

などと社会からは軽蔑の眼差しで見られるようになるし、
離婚した妻は戻ってこないし、
勤めていた会社からは解雇されたままだし、
過去の逮捕歴(※結果的に無罪が証明されたとはいえ、一度逮捕されたことには変わりがない)がネックになって再就職すらできない。


結局、自分は社会から抹殺されてしまったのだ…。

もうダメだ。誰も信じられない。生きるのに疲れた。鬱だ、死のう…。


そして某日の朝、中央線中野駅の線路へと飛び込んだ清司…



【運転見合わせ】中央線は、6時20分頃、中野駅での人身事故の影響で、上下線で運転を見合わせています。



駅員「このように、一度この魔法をかけられたら、今の日本の司法制度ではほぼ確実に社会的に抹殺されます。
裁判で証明しようとしても無駄で、仮に0.1%の確率で奇跡的に無罪になっても、結局はこの清司氏のように抹殺されてしまいます。
あなたもこの魔法をかけられたくなければ、もう一生、電車に乗らないことですな。
もっとも、お客が減れば私達駅員は困りますがね」


(出典:アンサイクロペディア)





人間は、社会的動物である。

というように、「社会的に抹殺」というのは文字通り人生の終焉を意味します。

目撃者は「遅刻したくないから」という理由で他人の人生なんて知らんぷり。

最高裁判所でさえも、「痴漢をしていない証拠」を被告に求める(※本当)。
↑何をしろと


痴漢の冤罪に巻き込まれた場合、すぐに警察を呼んで手に繊維片がないことを科学的に証明するのが、現在ある中で最も有効な手段。

しかし冤罪でお金を稼ごうとする女性もプロなので、事前にその対処法を知っていなければアウト。
呪文を唱えた瞬間に呪文の対象となる男性の手を触っておく。
それだけで対処法は破綻する。

一番ダメな対処法が、無実を訴え続けること。
自白するまで拘留され、十年経っても99%の確率で有罪。


冤罪で小遣い稼ぎする女性のみなさんは、実際に痴漢に遭って嫌な思いをした女性や、無実の男性に申し訳ないとは思わないのか……。
いや?彼女らにとっては体を売らずにお金を稼げるならどうでもいいのかもね。


たとえ遭う確率が非常に小さいものだとしても、こわいのう、冤罪は怖いのう。
↑交通事故に遭うくらいの確率です、実際


なるべく電車に乗らないこと、
人ごみに行かないこと、
女性に近づかないこと。
これや!


なぜ突然こんな話をするかというと、授業で先日冤罪の話が出てきて怖かったからです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.