花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【物思い】正解するのとミスをしないこととは同じこと?
72e7a837.jpg
今日、二週間前の中間考査が一つ帰ってきたんだけど、テスト終えたときに「あ、これ8割余裕だわ」って思ってたら計算過程の減点に続く減点で6割そこそこだったわ……。

しかも平均超高いの。

100点とか何人もいるくらいだし、今回ばかりは言い訳できんなぁ。

みんなミスしないのね、優秀。

専門科目だからちょっと期末は気合入れんといかんな!




それはそうと、平均以上にミスをしない能力と平均以上に問題を解くテストは全く別のものだと思うのです。
平均点が高いものが前者、低いものが後者、といった感じで。

しかし社会に求められるのはどちらを優先することもなくどちらの能力でもあるわけだね。

近頃思ったんだけど、「指示待ち人間」って意思を持たない良くない人間という風潮があるけど、実際「出された指示は完璧にこなしてくれる人間」ってかなり有用。

日本は世界的に見て、「絶対にミスを許さない国」と言われております。

受験に失敗するだけで一年もその場足踏み、仕事で失敗したらすぐにうれしそうに責任問題に発展させられるし。

言われたことは嫌な顔せず何でもやるし、不測の事態にも素早く対応できて、なおかつミスをしない。
社会が「誰もがみなそんな人間である」という前提で動いているからタチが悪いな。

でもそれが、日本が先進国たるゆえんなのかもしれないね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ