花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
【物思い】10 月 終 了 ……あれ?もう11月も終わりじゃね?
20,2012,9,19

人生は短い。
だから僕は一筋の星になって、君の瞳に消えていくんだ。



中間試験がひと段落ついて、残すところ来週のレポートが二つと中間試験が一つ。

さっき11月が始まって学祭したのに、気が付けばほら、もう12月だ。


なぜこんなに時間が過ぎるのが早い?
と友達と議論した。

ジャネーの法則とか、いろいろ挙がったけど、何より
「大学に合格してから目標のない一年だった」という意見が強かった。


確かに中学時代よりも高校時代、高校1,2年の時よりも3年の時の時間は充実して長く感じた。

例えばそう。
センター試験が終了し、二次試験に向けて50分7コマ自習を毎日していた1,2月のころだ……。

50分、時間を忘れ、周囲のもの音も聞こえないほど問題を解き散らし、そしてチャイムで我に返る。
ほっと一息、次のチャイムまで10分の休憩。

あの10分!

席を離れて友達と駄弁るあの10分!

どんなに幸福に満ちた長い長い10分間だったか……。


あの10分のために50分勉強したのだと言わせんばかりの充実感は受験生限定盤。

忙しくて辛くて苦しかったけど、充実していた。


あの感じ、生き生きした自分を取り戻したい!

どうすればいいのだろう。

そこで友だちと考えた。

1日を早く感じるのは、授業が50分から90分になって、一日のコマ数が減ってしまったからだ。

高校までは午前中に4~5コマの授業をこなし昼食だったけど、大学は午前中2コマしかない。
たとえトータルして授業時間が同じくらいだったとしても、こうしたリズムの変化が時間の感じ方に影響を与えていることは違いない。

ならば対策として、一日を終えた後に、「きょうはいろんなことをした」と思えるようにするといいのでは?

一日中何本もの映画を見た一日と、一本の映画を見て、勉強して、料理して、飯を食って、散歩して、人と話して、そうして過ごした一日では同じ時間を過ごしていても後者の方が長く感じるんじゃないかなあ?


よし、やってみよう。


今までは一日に折り紙をするついでに映画を4、5本見る毎日だったけど、これからはいろんな趣味に手を伸ばそう。

ちょっと今まで一度も書いたことがない、展開図とか折り図に手を出してみようかなぁ~?


そして一財築いて庭付き一軒家に住みたい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.