花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
折り紙云々の前にピエタ像を勉強しろよ……
20090510_482524.jpg

ピエタとは慈悲という意味。

ピエタ像は、聖母子像の中でも、磔刑を終えて息絶えたキリストの亡骸を抱きかかえ、悲嘆にくれる聖母マリアの姿を描いた絵、彫刻のこと。


ピエタ像と名乗られる芸術作品は、たくさんの職人によってたくさん残されているが、一番有名なのが上の写真、「サン・ピエトロのピエタ像」だ。


作者はイタリアの彫刻家、ミケランジェロ。
250px-Michelango_Portrait_by_Volterra.jpg

ミケランジェロといえば、ダビデ像でも有名。

220px-Michelangelos_David.jpg



1498年のある日、ミケランジェロは教会の偉い修道院長に依頼を受けた。


それからミケランジェロは自分で石切り場に出向き、大理石を調達。

二年の歳月を経て像は完成した。

img_442942_34708998_1.jpg

ピエタ像は「彫刻作品の限界を超えた」「大理石の塊であるということを想像させない」「奇跡のように完璧な作品」と絶賛された。

驚いたのが、この作品はミケランジェロが23歳のころの作品。


そのあまりの美しさに、像の前で気を狂わせるものが多く、破壊と修復が繰り返されたんだとか……。
pieta.jpg

まあ、確かにこれは惚れてまうわ。

オーラがすごい。

うっとりする美しさ。


ところが「キリストよりも若く見えるキリストの母親マリアとな?」と、疑問を持たれて非難の声もあったらしいが、「聖母マリアは歳を取らない。純潔と自愛の象徴だ」ということなのだそうだ。


彫刻だけでなく、絵画、建築、詩の圧倒的才能に恵まれたミケランジェロは、レオナルド・ダヴィンチと並ぶ万能人と呼ばれ、ルネサンス時代のあらゆる芸術家に影響を与えた。


その影響は俺にも与えられているのだ。

うふんふ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.