花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
Q「今まで通りネットでアニメ見ていいの?」A「調整中」
cd31e506-s.jpg


2012年10月1日から、いわゆる「違法ダウンロード」に対する「刑事罰化」が施行されます。


簡単に言ってしまえば、「違法にアップロードされた音楽、動画」について、「ストリーミングならOK」だけど「ダウンロードしたら刑に問われる可能性がある」ということです。


※一部「著作権法の一部を改正する法律案に対する修正案」を参考。


違法にアップロードされた(以下「海賊版」)動画・音楽だと知っていてMP3データなどとしてダウンロードした場合、アップロードされたコンテンツの著作権者からの告訴がなければ、罪に問われることはない(「親告罪」)。

2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、あるいはその両方が科せられる


一方、
ネット上の海賊版動画・音楽を見たり聞いたりすること、
海賊版コンテンツだと知らずにダウンロードすること、
YouTubeなどで海賊版コンテンツを見たり聞いたりすること(キャッシュは該当しない)、
メールで送られてきた海賊版データを自分のパソコンに保存すること、
写真やテキストなどを自分のパソコンに保存すること

は、今回の法改正でも違法にはならない。


摘発対象は「自動公衆送信」で、不特定多数の一般のユーザーからの求めに応じて自動的にファイルの送信を行うものを指し、メールではなくウェブサイトやファイル共有ソフトが該当するからだ。

ファイルを別のサイトに置き、メールでサイトのアドレスだけを案内した場合は、対象が限られ少数であれば自動公衆送信にあたらないかもしれないが、規模が大きくなると判断が変わる可能性もある。


「ダウンロードせずにユーチューブなどで動画を見ただけだが、一時ファイル(キャッシュ)がパソコンに残っていると思う」

という場合には、文化庁著作権課は処罰対象にならないと判断している。

ただ、これらの判断が司法で覆る可能性もあり、文化庁著作権課は「処罰対象にならなくとも、違法ファイルの利用自体が好ましくない」としている。







「好ましくない。」ってことは万が一、司法の気まぐれで処罰されることになったら「文句言うな!」ってことなんだろうか。


なんでも、この一時ファイル(キャッシュ)についてあまり詳しくない人が法改正に携わったらしくて、様々な疑問と波紋を呼んでいる。


上記で「(キャッシュは該当しない)」とはっきり書かれている以上は……と思いたいところだけど、「もし処罰される羽目になったら……」ということを思うとためらわれてしまう。


俺はまあ多分これまで通り見る……。

誰かが見せしめ逮捕された後にな!



そもそも権利者が訴えなければ問題にはならないんだけど、何かがきっかけで警察がパソコンを調べることになって、そこにキャッシュが残っていたら、警察が武器にすることもあり得る。


何より今はデリケートな時期だから、むやみな動画閲覧は控えるのがいいだろう。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
情報が飛び交いすぎてわかんなくなっちゃった。


サンクス。
2012/10/04(木) 01:10:13 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
No title
DVDや映画化された動画はアウト
されてないのはセーフ
2012/10/03(水) 21:08:02 | URL | 名無しの黒髪眼鏡女子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.