花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
オリガミナイト、マントのミウラ折りはどこまで折ればいい?
P1030319.jpg

前回の続き。


マントをどのくらいミウラ折りするかで試行錯誤中。

やり直し効かないから試行錯誤と言ってしまうと語弊があるが……。


てかミウラ折り楽しすぎぃぃ!!


P1030320.jpg

折ることが楽しすぎて、「よし、完成!」と思った後に物足りなくなって(作品の出来に物足りなくなるんじゃなくて、まだ折り足りないって思って今うこと)、余計に作品をいじってしまえば本末転倒となることが多い。

P1030319.jpg

ミウラ折り序盤。

P1030321.jpg

ミウラ折りを一段増やす。

この辺りで、ミウラ折りの部分をどこまで上げるかって悩み始める。

目安は、マントの付け根→ミウラ折りの付け根のラインが、腰鎧のラインと重なるくらい……。

を考えている。

P1030323.jpg

ミウラ折りをもう一段増やした。

上で言った目安には十分だが、後姿の話になるとヒダとミウラ折りのバランスが悪くて少し不格好。

P1030327.jpg

そしてさらにミウラ折りをもう一段。

悪くはないが、どこか心理的に不安定になる見た目。

何かが足りないような気がするが何が足りていないのかわからない。

単にバランスが悪いだけかな?

P1030325.jpg

ちなみにもう一段だけミウラ折りは増やせるけど、足をほどかないと作業は不可能だ。


最終的には下のような仕上がり。
P1030324.jpg

P1030329.jpg

P1030330.jpg

もしあと一段ミウラ折りを増やせば、マントすべてをミウラ折りが敷き詰めることになる。


それはそれで面白いだろうけどヒダ→ミウラ折りの面の切り替わるメリハリが仮ピーは好きなので、わざわざ足をほどいてミウラ折りをもう一段……ってことはしないでおく。

P1030326 - コピー
目安になったのはこのライン。

マントと足が重なって見えるのは不格好。
出来不出来は別として、折ってよかった。

ちなみに折り始める前は、もっと厨二病チックになる予定ではあった。



つづく(たぶん)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.