花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
仮ピーの花岡夏帰省最後の日(9月23日)
P1030302.jpg

長かったがゆえにいろんなことがあったけど楽しかったわやっぱ。

何よりも生活が楽。

でも寛ぎすぎて罪悪感もあったから、自分にニートは向かないな、っていうのはわかった。
P1030295.jpg

最後の日、この日の夜中に夜行バスで鹿児島を離れることに。


スーツケースもたたんで、準備が終わったらおそらく正月まで見ることはない、花岡の最後の夕方。


花岡の主の撮影に初めて成功(写真上)。


P1030296.jpg

稲の色が帰省した時とすっかり変わってしまっている。


P1030297.jpg

西部公園で親子が遊んでいた。


父親が紙飛行機を飛ばし、それを追いかける息子。

ブランコにはそれを見守る妊娠中の母親。


笑い声が絶えないその光景は、眩しくて見えない。

なんとなくクラナドを思い出した。

P1030299.jpg

日が沈むのも早くなってきた。


P1030302.jpg

このきれいな海は錦江湾。

別名鹿児島湾。

P1030305.jpg

夕日を撮影した場所は、花岡の小高い丘の上。

ちなみに周りには墓がびっしり。


P1030308.jpg

そして夜。

大隅半島のバイパスから薩摩半島の夜景を一枚。


P1030310.jpg

フェリー乗り場から薩摩半島の夜景を一枚。

P1030312.jpg

薩摩半島から薩摩半島の夜景を一枚。

P1030313.jpg

こじゃれた建物はドルフィンポート。

錦江湾には野生のイルカがいるのです。


P1030314.jpg

この場所から、夜行バスは出るのです。

そしてまた戻ってくる。



ああ鹿児島、いい場所だ!
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.