花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
オリガミサムライ模造紙バージョン仕上げ過程
P1020405.jpg

仮ピーはホイル紙で折ることが多い、というかほとんどホイル紙ばっか使ってるんだけど、それ以外の紙じゃ能がないのかと言われれば話は別(?)

確かにホイル紙は仕上げが楽。

形状記憶してくれるから作品が自重で崩れることや、折った部分が開いてしまうなんてことも少ない。

とくにキャラクター折りの頭部では、ホイル紙の性質が特に真価を発揮するわけだが……。

そこで今回は、キャラクター折りの作品をごく普通の模造紙で折ってみた。

その折りあがってから仕上げの作業を少しだけ紹介するZE☆

ちなみに俺は折り紙に関して独学を貫いてきたので、ウェットフォールディングとか紙の裏打ちとかそういう専門的な知識にはかなり疎いZE☆

だから温かく見守ってほしいZE☆
P1020724.jpg

前置きが長くなったけど、とりあえず始めます。

今回折るのは、記事の冒頭に張り付けた写真の改造版。

折った感触ではオリガミサムライのデフォルメ版ってとこかな。

P1020725.jpg
これが「ただ折っただけ」の状態。

P1020730.jpg

紙はばらつき、腕は曲がり切っていない。
このままじゃ腰は前のめりになって不格好なので、これから糊付けや補強を行って形を整えていこう。

P1020733.jpg
ホイル紙だったら「つまんで細くして終わり」の刀のさやの部分だけど、ここに竹串を通してノリで固めて、形を整える+開きを抑えます。

P1020734.jpg
ノリが乾くまで目玉クリップの出番。

本当はクリップの跡が残らないように、当て紙をしておく。

P1020735.jpg
「鎧のたれ」の部分に、同じ形・大きさの紙を仕込んで補強。

加えて、上半身の体幹を整える。

P1020736.jpg
髪にも開きを止めるためにヒダ同士を糊付け。
そして前髪の一部(根本?)にボンドを少しだけつけて、針金で固定し、頭部全体の形を整える。

あと、首も太すぎて見えないように工夫しておく。

P1020738.jpg

脚に新聞紙を詰めて体を支える足の補強、そして袴のふくらみがつぶれないようにする。

じつは、刀と鞘を糊付けし、足の詰め物が終わって初めて続きが折れる部分がある。

そこを続行。

P1020743.jpg

二本目の刀(左腰)と、腰に巻いて形を整えるためのカドが折りあがったところ。

P1020744.jpg

あとは二本目の刀に、鞘と同じ作業を施し、腕に針金を入れて形を固定する。

P1020751.jpg

ひとまず、完成!

P1020752.jpg



ビフォア
P1020725.jpg

アフター
P1020755.jpg



とまあこんな感じでしょうか。

P1020753.jpg

作品自体としては、ホイル紙で折った時の奴と比べて、足を細くしなかったり、指を折ら無かったりしているので、デフォルメ化された印象が強い。

P1020756.jpg

お人形みたいで愛くるしいサムライになったけど、仮ピーの今、すごくお気に入りの作品。


仕上げにひと手間かかる紙は扱いづらいのではなく、仕上げのひと手間を行う楽しみが増えたと思うべきだね。

ホイル紙のような特殊な紙は、大きなサイズが欲しいときに困ったりもするので、初心者のうちから色んな紙に手を出して経験を積むのはいいことだと今回思った。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
ほーお
2012/08/31(金) 01:35:40 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.