花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
マーメイルまじファック。今後のサイドデッキには何が入る?
りんでりんでー!りんでりんでりんでえあーああー!

最新ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」と、最新パック「アビスライジング」で登場したカードを組み合わせて構築された、文字通りの最新デッキ、「海皇マーメイル」の躍進が期待されているなか、わたしたちはどのような対策を講じればよいのでしょうか。

今回お送りする記事では、甲虫装機の席巻する高速化したデュエルから変化した、新たな環境を見つめます(NHK風)
「リトルマーメイド」のお父さん

早くも「海皇マーメイル」を作っていた友人が帰省していたので、何度かデュエルする機会があったんだが、うん、ありゃあ強い。

「ディーヴァ」「サルベージ」「葵」……、と、強力なサポートカードが多かった種族・属性の集まりではあるんだけど、ここにきてさらに磨きがかかってきたようだ。


リクルーター、サーチカードが豊富なため、ライオウが刺さるかと思いきや、豊富な除去、展開力を持っているため、なかなか対策は難しい。


特にこのクソサメ。

はかせ「サメはかっこいいよー。ただしてめーはだめだメガロ」

「手札二枚切って出てくるのがたったの打点2400かよww」

と侮ることなかれ。

捨てられることで効果が発動する方々がいるので、
ちょっと強すぎて何が書いてあるのかよくわかんない
オマエモナー

神の警告無効にできても場を荒らされたりだとか、奈落も激流もタイミングがないだとか、仮ピーにはちょっと難しい話でよくわからんのだがまあとにかく強いんだ!

しかもこのデッキは、みんな大好き「ビッグ・アイ」も出せちゃう面白さも兼ね備えたデッキだ。
ビッグラヴ

まあ、出された身としてはうざいことこの上ないけども。



そんな「海皇マーメイル」の弱点は、テキストの都合上、ミラーマッチなんだとか。

そのほかは墓地利用を封じるカード。

定番のマクロコスモス。
マクロ>裂け目?
モンスターだけでなく魔法・罠も封じることができるため、「甲虫装機」のメタとして大活躍。
他には相手の「おろかな埋葬」「炎熱伝道場」の発動にチェーン出来るという点なども、「次元の裂け目」にはできない芸当を見せつけた。

しかし「神の警告」に無効化され、自分ターンにすぐに使えないという短所も。


次の環境からは、甲虫装機も姿を消すことだし、次元の裂け目の方がやや優勢かな?
裂け目>マクロ?


墓地利用するデッキは、次の環境を考えれば「海皇マーメイル」のほかに、「ラヴァル」「代行天使」「暗黒界」「インフェルニティ」「ヒーロービート」などなど。


「次元の裂け目」で困ることといえば、魔法・罠を除外できないために、「インフェルニティ・ブレイク」の除去効果を許してしまうことくらい。

しかしそんな状況も稀だろう。


ということで次の環境はサイドデッキに裂け目を積もう!みんな!



えー、俺も墓地使いたいよー。

っていうやつはにはこんなカードもありまっせ!!

スキドレならぬソウドレ

ネタカードじゃございません。

一切合切の墓地効果を封じてしまう超強力カード。

「海皇」「マーメイル」「ラヴァル」「暗黒界」を封じてしまえるのだ。


しかし一方で、墓地利用はOKなので、「代行天使」「インフェルニティ」「ヒロビ」「ラビット」関係にはあんまり通用しないかも……。

つまり、「代行」や「インフェルニティ」など、「サイドデッキに次元を積めないデッキ」にはおすすめ。

そのほかは今まで通りの「スキドレ」とか。


しかしまあ、相変わらずのサイク三積み環境だから、メタがはびこるとも考えられないよねー。



よしみんな!!



剣闘獣を使おう!!
お前がどんな剣闘獣でも……俺が融合してやんよ

戦いが……!!

ーラビット剣闘まだかなまだかな

戦いこそが……!!

あと……。あと打点が50あれば…。

彼らを生物たら占める!!



戦闘トリガーで何でも破壊し、無限チャリオットによる超強力パーミッション。

相手にしたくないデッキナンバーワンの一つ。
そのくせ次元にもソウルドレインにも、清掃のおかげでスキドレにも耐えうる剣闘ってなんや素敵やん?


次のCSには、久々に「次元剣闘」引っさげて出場しようかなー?
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.