花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
金は親の贈り物
P1020067.jpg

先日初めて、自分の口座からお金をおろしました。
大学入学と同時に、教科書代やら生活費やらのために、親からもらった10万円で俺の大学生活はスタート。

しかしその一週間後には3万円が教科書代に消える。


理系の教科書高すぎるだろあれ……。

しかも買わせておいて授業で全然使わないのな!!

汚ねえぞあいつら!!



そしてキャンプ、漫画、遊戯王、カラオケ等遊び金、食費によって2万円で一か月を過ごし、3万円かけてゴールデンウィークに帰省。


そしたら親戚の魔法の力で所持金が2万円から5万円に増える。


帰省から一人暮らしに戻ったところ、地元に一度帰ったことによって初心を取り戻し、自制を開始。

お金の無駄使いをやめる。


しかしそれをやぶったのがコンマイの貯金箱。
062.jpg

5000円が消える。

加えてバイクの免許の更新の手数料に3000円持って行かれる。


食費だけはケチってケチってケチってきたけど、野菜生活のおいしさに完敗(乾杯)。

毎週買いだす贅沢。


2か月で2万円の出費に抑えて頑張ってきたけど、所持金は残り3万円と2000円。


三万円くらいはいざというときのために小棚に忍ばせておけとばっちゃが言っていたので触れないでおく。


さすがに自由に使えるお金が残り2000円となっては、これはお金をおろさないといかん。


7月になると祭りもあるし。


あれ?
べつに出店でおごってあげる相手とかいないしいいんじゃね?




いえいえ、仮ピーは来年に備えているのですよ(意味深)。




↑深くねーよ






そして今週の月曜日、見出しに書いてあるようなことになったわけだ。



これは実は、俺にとって非常に重要な出来事なのだ。



そもそも俺は今まで、何不自由ない生活を両親に約束された環境の中で、服もバイクも、アパートの部屋も家具もテレビもそのほか何でも、特に大した苦労をすることもなく欲しいものは割と何でも買い与えられ(あんまり欲しいものをねだったことはないけど)、受験などのように大きな失敗もせずにここまで来た(目標の大学を変更することにはなったけど)。

そして一人暮らしになっても、学食のミールカードで一日800円もの豪華絢爛な食事を取ることができる生活。


これはまさに典型的な、失敗を知らないがゆえにいざというときに何も役に立たない人間のベース。


そうとなれば一人暮らしにおいて自制心を身に着け、質素倹約な生活を送ることが、大学生活で大きなものを学ばせてくれるはずだ。




と、思ったのは、大学入学時ではなくお金を初めておろしたとき。





もともとお金は遊戯王カードの相場に換算する奴だったから、
「ここでこんなくだらないお菓子を買わなければ、あのカードが買える」
みたいな思考から我慢強い生活だった(そしてカードは結局買わないっていう)。



いやね、お金をおろしたときにね、初めて預金の額をみたわけよ。

びっくりするくらいたくさん入ってて、すごく両親に感謝した。

ウチは姉もいて次には妹も控えているから大変だろうに、とか思いながらおろした一万円を財布に入れた。


この一万円は大切に大切に使おう、と心に決めた。


お前らも親には感謝して大切にお金は使えよ。






ときにここ数日の風邪も熱もすべてどっかいったともったらのどの痛みがやばい。

一週間くらい続いてるけど、間違いなく今がピークだわ。

つばの見込むだけでぐにゃあってなる。


明日なんか効きそうなものを買おう。


俺は間違いなく幸せすぎるな。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
預金残高を多く見せているのは振り込まれた奨学金。いずれ君が返す借金だからね。それと、前回のようにならないよう、風邪対策をはやめにしておいてね。おだいじに。
2012/06/16(土) 07:01:15 | URL | はは #- [ 編集 ]
No title
自分で稼いだ金だったら何の遠慮もなく使えるのにね。


ああ、寿司が喰いたい。ウナギが喰いたい。
2012/06/15(金) 01:31:06 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
No title
バイトとかしたらまたお金に対する考えは変わるかもね。
2012/06/15(金) 01:22:45 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.