花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
セイコクがはやる今立ち上がれ!俺の大好きなカードダイヤモンドドラゴン!
0244.jpg

やっべえ……。


かっけえ……。
このカードは、ドラゴン族、レベル7、攻撃力2100、守備力2800の通常モンスター。


んなもん見れば分かる。



その弱さもな!




しかしどんなモンスターにも有用性を見出すのがデュエリストだろ。



その昔、遊星は言っていた。
「必要のないカードなんて存在しない」








まず通常モンスター、ドラゴン族ということを考えてみよう。

通常モンスターなら、数えきれないほどのサポート、ドラゴン族なら更なるいろんなサポートがある。

そうなればステータスは高いに越したことはない。

ならばこのカードが最強であることは原作からも見て取れる通り。
6142c3f8.jpg
海馬社長いわく、神を超越するしもべらしい。




最近はそれに次ぐこんなカードが登場。
04879.jpg

カード名もイラストも、明らかに駄洒落。
しかし侮ることなかれ。
種族、属性、レベルはブルーアイズと同じ。

しかも攻撃力と守備力の合計は、なんとブルーアイズも超える。

ただし攻撃力はそれに及ばない。

通常モンスターの攻撃力が3000を超えないのは、海馬コーポレーションの圧力があるらしい。


レベル8のドラゴン族という観点で見れば、このカードが有名。

20110928234042345.jpg

ラビードラゴンが登場するまでの長きにわたって、通常最上級ドラゴンの中では二番目に強い攻撃力を持つモンスターだった。

とは言え、ブルーアイズとは属性が違うため、オネストは使えないんだけど、闇属性ということを生かすことができる。

手札からは古のルール、デッキから高等儀式術、週末の騎士、ダグレなどで墓地に送り、墓地からブランコや血統を使って特殊召喚すればグッド。

しかしそれだとドラゴン族である必要はない。

なぜなら全宇宙の女王様がおられるのだから。
0251.jpg



上で紹介した、通常モンスターたちは、全員レベル8ばかり。

トレインがある以上、これらのカードとダイヤモンドドラゴンを比べるのは間違っている。

と、いうわけで今度は
レベル7、ドラゴン族、通常モンスターで比べてみよう。

gi_ebiru.jpg
0250.jpg

なんか古いカードが出てきましたねぇ。

こいつらはレベル7ドラゴン。

しかも攻撃力はダイヤモンドドラゴンよりも上……。


しかし残念だったな!

このカードたちは光属性じゃない。



光属性のドラゴン族であるということは大事なところなんだ。

サポートするカードの種類がまるっきり変わってくるからね。


ってことは、レベル7、ドラゴン族、通常モンスターであることを生かしたデッキが出ればまだ活躍の見込みがあるということになるな!

0489.jpg
この画像を貼ったことには特に意味はないです。



しかし通常モンスターを探していたら、たくさん一期のウルトラレアができてたもんだな。

ダイヤモンドドラゴンは、こいつらのようなブランド力も低いし、ドラゴン族といえばレダメやセイコクで、トレインも使えない最上級のレベル7となると、やはり弱いとしか言いようがない。


守備力の高いダイヤモンドドラゴンだけど、遊戯王において、上級モンスターの守備力の高さに重きをおくことなんかあり得ないです。


ダイヤモンドドラゴンを出してわざわざ守備表示にするなんてことが、
「攻撃表示だとまずい」状況以外にあり得るだろうか。






そうだ!ステータスで勝負するからいかんのや!!


じゃあカード名で勝負するか。



0244.jpg

この「宝石名+ドラゴン」というカード名のカードはいくつか種類がある。

ちなみにこのダイヤモンドドラゴンが初出。

そして二番手。
0235.jpg
ダイヤモンドドラゴンのように全身がエメラルドというわけではないのかもしれない。

こいつはセイコクリチュアで大活躍中。


三番手。
0229.jpg
ドラゴン族に限ったことではなく、下級モンスターで1900というのはこのカードが登場した当時かなり優秀ででしてね……。

スーパーレアだったんで小学生だった俺には結局手に届かないカードだった。

デーモンソルジャーや暗黒の狂犬が出るまで、長らく「俺の今最も欲しいカード」の一つだった。


しかし時代は変わるもの。


4体目。最新カード。
card100003742_1.jpg

なんかちょっとカード名に違和感あるので宝石龍と種類が違うのではないか、という疑問の声も上がっているが、
ここは宝石龍復権のために仲間になってもらう。

しかしこのカードはかなり強力ですよ。
レスキューラビットで出せる最大の攻撃力であり、光属性下級のなかで最大攻撃力であり、イラストがかっこよくオネスト対応。



やっぱダメだ!

お前いみたいに強い奴なんか宝石龍じゃない!!




というわけで、ダイヤモンド、エメラルド、サファイアの三体は融合するべき。

素材は使い物にならないほど弱いけど融合すれば超強力……。
なんてモンスターはたくさんいる。

img_1036274_29495791_1.jpg

0230.jpg

ブラックマジシャンだけは貼るなって遊戯さんに言われました!


すべてのドラゴン族はファイブゴッドドラゴンの融合素材だけど、特別に宝石龍3体融合みたいなのを出してくれないと意味がない。

しかも運がよく、宝石龍は宝玉獣であり、ジェムナイトであるといううわさがあります!!
4443.jpg


というわけで、こいつらジェムナイトフュージョンしろ。




融合モンスターのカード名は
究極宝石龍騎士
(マスター・オブ・ドラゴン・ジェムナイト)


↑うまいつもりか






0244.jpg
とまあ、ここまで長々と書いてきてわかった。

カードに限ったことではないが、その価値はその強さ、希少価値、かっこよさ云々じゃなくて、それに対する思い入れ次第で、前述以上の価値を見出すんじゃないのかね。


その思い出については語るほどのことでもないので省略。



割と本気の話、本物のダイヤモンドの宝石細工で商品化するといいよ。



さて、俺は夜中の3時に、いったい何をしているのかね?
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.