花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
【創作折り紙】「腹話術師(試作品)」創作。

今月は珍しく、Twitterでもブログでも折り紙の投稿がある気がする。
いやだなまるで折り紙が好きな人みたいじゃん

まあ、コロナの影響で暇ですからね今。
けっこうTwitter上でも今月は折り紙の投稿が多いんじゃないですか?
腹話術師202003 (1)
今回の作品は、一枚複数体折りの作品。
肉の人間のほうは「ピエタ像」「ヨツルシリーズ」から持ってきた頭部。
肉の下半身は、去年からちょっとずつ研究を進めている「縦フリル」系の造形。
人形はただの「フードの人」。でも根っこはやっぱり「ピエタ像」にある。

20200319sanrenkyuu (21)
肉の人物と人形の情報粒度に差をつけて、たとえサイズが同じだったとしてもどっちが人形でどっちが人間かわかるような感じにするくらいのこだわりは持ちたいところ。
人形のほうは段折で球体関節っぽい仕上げをすることができるが、そこまでするとフードのままはどうかなって感じもする。

20200319sanrenkyuu (22)
肉の人間の頭部は紙のカドから出していて、後頭部が作れるので頭部や背中の割れをきっちり隠してくれるのもポイントが高い。

20200319sanrenkyuu (23)
下半身は縦フリルの先端を処理したときに出る面で袋状にしている。
もしこの後、上のツイートに書いたみたいに人形に翼やらなんやらつけたいのであれば、そのための付加領域によって肉の人間のほうの領域も広がっていくはずなので、下半身を足元から背面へ折り返した領域を使ってなんか人形につながる小物を作ってみてもいいですよね

腹話術師202003 (2)
それから一枚複数対折りと言えばこの作品がありますよね
今更見ると、もっとうまくできたかなって思う。
5年以上前の作品だから、そうでなくっちゃ困るんだけど。

当時は蛇腹人物に蛇腹ギーブルをくっつけた作品にするしかなかったけど、今だったら人物は腹話術師のタイプにして、ギーブルはYパターン埋め込みまくった仕上がりにしたいかな。

あとは、蛇腹で作った肉の人間に対して、ヨツルシリーズの頭部を搭載した腹話術師を作るか、あるいはその逆の組み合わせかな。

なんつーか俺のブログ、俺が読み返して分かればいいや、ってつもりで書いているので第三者が読んでもどこのことを言ってるのかわからないだろうし誤字脱字も基本放置だし主語と述語がつながってなかったりするので、ブログ読者は読んでて何かわかるんですかね。


以上


202003270113
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.