花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
【日常】仮ピー、12年ぶりくらいに歯医者に行くの巻
0下準備
折り紙を折っているとき、めっちゃ歯をかみしめるのって俺だけ??
俺にはそんな癖があることに気づいてから、アスリートが力を籠めるために歯が丈夫であることが大切なように、折り紙をやる人間にとっても歯は大切であることが分かりますね。
今回は、そんな歯に関する記事です。
 
 
 
タイトルにある通り、俺はなんと小学校を卒業してから歯医者に行った記憶がない!
中学生の時も行ったことがあったのかもしれないが、少なくとも中学三年生の春休みくらいに、高校受験も終わって惰眠をむさぼっていた俺に、親が「歯医者にでも行って来たら?しばらく行ってないでしょ?診てもらえば?」みたいなことを言われ、そして「めんどくせぇ!」と言って行かなかったことは覚えている。

そうこうしているうちに高校三年間は一度も行っていないし、大学に入学して6年間一人暮らしをし、身近に「歯医者に行ってこれば?」という人もいなくなり、なおさら歯医者が遠ざかっていき、そして社会人2年目となってじつに10年以上は確実に歯医者に行っていない。
といった具合だ。

なにかきっかけがあったら行ったのかもしれないけど、歯に痛みを感じることもなかったので放置してきたが、ぼんやりと、やべぇ虫歯や歯周病が進行していたらどうしよう……という不安を覚えることがあった。

そんな不安というか、心のつっかえがあって歯医者に行くのが恐ろしかったのと、歯医者に行くモチベーションというかきっかけがなかったのが合わさって、「特に悪いところはないけど、診てもらおうかな(予防歯科)」なんてことにはならないまま過ごしてきた。

そんなある日、というかつい先月くらいのことですが、奥歯で物をかむと痛みが走ることがあった。
痛って!と思って傷んだ歯を爪でたたいてみると、なんか妙なとんがりというか、引っ掛かりがある。
これってひょっとして、あの神話にも伝わる伝説歯・親知らずというやつではないのだろうか!

「やっとつかんだ!」歯医者へ行くきっかけ。
しかも、コロナの影響でことごとくオタ活の予定がつぶれ、引きこもるのにも飽きていたので、まさに絶好の機会!

ということで歯医者に行くことにしたのだが、10年以上のブランクがあったのと、小学生の時に歯医者に通っていた時は親が予約してくれていたのと子供特有のコミュ力からものおじすることもなかったのと打って変わって、いい年して歯医者というか病院の予約もしたことない経験の浅さが後ろめたくて、予約をするのが億劫な自分が情けなくなった。

そんなときはとりあえずインターネッツ。
「歯医者 予約 しかた」
とかクソみたいな検索履歴を刻んで、伝えるべきことを整理し、料金形態や矯正歯科と歯医者の違いなど様々なことを初めて知ることができた。
生涯一度も自力で歯医者に行ったことのない人間にとっては、どれもいまさら聞けないことである。
勉強になるね。インターネッツ万歳。

社会人ですので、土日に治療してくれるところに限定して近所の歯医者を調べた。

まず一件目。
グーグルでヒットした中で最も口コミの多く、悪評もない歯医者だった。
歯医者は予約がなかなか取れなかったりする、とネット情報があったのだが、電話してみるとあっさり時間は決まった。
よしよし、ここにしよう、と半ば心は決まって、電話を切る際に、
「持ち物は保険証くらいでいいですか」
となんのけなしに聞いたら、驚くべき答えが返ってきた。
「あ、うち保険適用外なんですぅ」
ですって。信じられない。
矯正歯科は保険適用外のところが多いだろうけど、ただの診察や虫歯治療で10割負担はありえないだろう。
「矯正歯科ではなくて虫歯治療ですよ?」
と伝えたが、
「それでも保険適用外ですので、お高くなってしまいますぅ」
とのこと。
「虫歯治療だったらどのくらいかかりますか、症状によるでしょうけど」
と聞いたら、
「そうですねー、5,6万か、もっとするかもしれないですね」
とのこと。
「また考えてから予約します」
と言ってその歯医者の予約は断った。

うーん、わからん。
歯医者行くの初めてだし、俺が知らないだけで実はそれが常識なのかもしれない
子供のころ親の金で通っていた歯医者、2、3回くらいの通院でじつは5、6万くらい払っていたんだろうか。
親に感謝だよね

とりあえず歯医者の2件目に電話をかけてみる。
ここでも新たな学びがあったのだが、歯医者って意外とそこら中にある。何件も。
競合しないのかな、価格競争して値段下がってると嬉しいけど
「予約できますか」
電話口では元気なおばちゃん。
「今からでもいいですか」
と伝えたら、トントン拍子で予約出来て、
「初めてですんでね、保険証を持ってきてくださいね」
と言ってくれた。

ほらー!やっぱり保険証が使えるのが普通なんじゃないかー!


そして、予約したその日に記念すべき10数年ぶりの来院!
診てもらったところによると、親知らずが生えてきていて、そこが虫歯になっているとのことであった。
親知らずと言えば、問答無用で抜くか削るかするものだと思っていたのだけど、なんかたまたまうまい具合に生えてきているので処理しない方がいいということであった。
しかし俺が真に知りたかったのは痛む奥歯の症状ではない。
奥歯が傷むことでそこが虫歯であることは素人でもわかりが、真に知りたいのは10年以上ほったらかしにしてきた無自覚に進行しているそのほかの病がないかということだった。
しかしそれは奥歯を見てもらう段階で
「痛むとおっしゃってる奥歯以外には、虫歯も歯周病もない」
答えをもらって、めちゃくちゃほっとしました。
「キミ、奥歯だけじゃないでしょ痛いの。本当にこんなひどい歯は久しぶりに見た!歯医者行かないの??」
とか言われても仕方がないと思っていたので、
「本当ですか!子供のころ以来歯医者に来てないしそんなに歯を大事にしているつもりもなかったので、実は今日ここに来るのめっちゃ怖かったです」
と言ったら、
「いやいや、素晴らしいよ。標本にしたい
とのことでした。

とりあえず3回くらい通ったら完治するかもです。
初回のお会計、3000円くらいでした。心のつっかえも取れたのでとても満足。
ほらー!3割負担でやっぱり数千円が普通なんじゃないかー!

1件目に電話したとこ、なんか認識違いがあったのかな??
と思ってHP見たら、虫歯治療だけで本当に「6万円~」って書いてあった。
6万円が底値かよ

恐ろしいことだ。

もし予約せずに飛び入りで行っていたらどうなってたんだろう……(消費者庁に駆け込むしかない

おわり
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.