花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
【400000HIT&3000記事突破記念】記事データで振り返るここ最近の人生
400000HIT3000記事

めでたい!

ジャンル別3000記事割合
と、いうわけで3000記事になりました!
すごいですね。自分でもびっくりです。
3000という数にもなれば、集計してみればけっこう分析に役立つんではなかろうか、と思えるくらいの数字になってくる。
そこで今回は、前回集計した時(1年半ほど前の、ブログ開設7周年の時の集計)から、ブログ記事がどのような変遷をたどっているかを見てみたいと思う。 
まず上の円グラフは、ジャンル別記事の割合。
ギリギリのところで折り紙記事と遊戯王記事が2トップ。
良かった……折り紙と遊戯王はサブカル・写真に2トップの座を奪われたのかと思った
折り紙は最近やっていないし、遊戯王は大会にあまり行かなくなった。その代わりに今まで遊戯王や折り紙に時間を使っていた時間を、サブカル記事にあるようなライブ・イベントへの出席だったり、写真記事にあるような旅行だったりお買い物に時間を使うようになったことがわかる。

ジャンル別3000記事増加率
こちらは1.5年間に増加した記事の割合。
前回の集計時は社会人半年目だったが、今回社会人2年目が終わろうというころには「写真」記事が最も伸びていることがわかる。
遊戯王も折り紙も、俺にとってはほとんどお金のかからない趣味に位置してきていたため、学生時代のストックが多かった。
このグラフを見ると、旅行記事などの「サブカル」、ライブなどの「音楽」、トークショーや購入グッズ紹介などの「サブカル」、購入した日用品の購入紹介などの「学」といった、折り紙や遊戯王と比較してお金のかかる趣味の記事が、社会人になって伸びていることがわかる。
とはいえ「音楽」「サブカル」記事は、最近はわける意味が薄れてきた。
まれではあるがサブカル関係ないライブの記事(ラルクくらい)もあるので、ライブ記事や購入CDは「音楽」に入れているけど、サブカル系が圧倒的に多いのは事実。
「音楽」と「サブカル」はジャンルを統合して、サブカル以外の音楽関係の記事は「日常」「学」などに入れてしまってもいいかもしれない。

ジャンル別3000記事分布
こちらは記事数の推移のグラフ。
現在のジャンル別記事の割合は、じつはここ1年半で三位以降の順位が変動している。
日常的に起こった出来事を綴るもっともブログらしい日記的な「日常」記事が2ランクダウン。
学生時代までは、学生生活の身の回りで起こった出来事を書くことができたが、社会人ともなると職場で日常的に起こった出来事を書くことができなくなった。
俺の日常が、記事にできる日常だったものが記事できない日常に代わってしまったのだから、こればかりは仕方がない。
しかし伸び率と記事数差を見ればわかる通り、2位の遊戯王記事が写真やサブカル記事に追い抜かれるのは時間の問題ともいえるし、もし仮に上で書いた通り「音楽」記事と「サブカル」記事を統合してしまうと、サブカル記事が500記事を超えることになる、「遊戯王」を越して「折り紙」記事に迫る数となる。
今後の展開に注目だ。

3000記事数推移
そして最後は記事数推移。
記事の投稿時期と投稿数によって、その時、自分がどんな状況に置かれていたか、ということを振り返ることができる。
社会人になってからの推移に注目してほしいのだが、記事数は大幅に減ったともいえるが、投稿数は転勤と年度替わりのあった昨年度の3月を除いては安定しているといえる。
今後も月刊投稿数は15~20程度で安定していくことが予想される。

400000hit - コピー
そして最後に。
先週の日曜日くらいに突破した40万hit。
たぶん俺が過去記事漁ってるときに400000目を踏んだと思う。
記事数はだれの応援がなくても勝手に増え続けるが、hit数は皆様の応援のおかげでございます。

最近、というかここ数年、「自分用」の面がとても強く出ていて、ノーチェック投稿(一度書いた記事を読み返さずに投稿)を行っている。
投稿された後のブログ画面で初めて読んで、誤字脱字多さに笑う。
どうせ読むのは俺だから俺が理解できればそれでええわ、という考えでが全部ほったらかし。

そんなブログでありながら見に来てくださる方がいるというのは大変うれしく思います。
これからも本ブログをよろしくお願いいたします。




関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.