花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
【ライブ】劇場版「ハイスクールフリート」「メイドインアビス」LV「ラブライブフェス」1日で3ハシゴその3
20200119_161007.jpg
この日3ハシゴの最後は、ラブライブフェスのライブビューイング。
3ハシゴもすると疲れるんじゃないの?しかも前日は夜中の2時まで飲み会だったのに、と思われるかもしれないが、映画やライブビューイングでは疲れていなかった。
では何に疲れていたかというと、移動だ
20200118_173613.jpg
原付でまず映画2本(はいふり、アビス)を観に行き、その後ライブビューイングに行ったわけだが、このライブビューイングが開催された劇場と、映画二本が上映されている劇場が別のロケーションにあるという、実にセンスのない采配だったのであった。
さらに輪をかけて何が腹立つかというと、土日の2日間開催されるラブライブフェスのうち、土曜日ははいふりアビスを鑑賞した劇場とは別の劇場でしかライブビューイングをやっていないのに、日曜日ははいふりアビスを鑑賞した劇場でライブビューイングが開催されているというから腹が立つ。

とはいえもう行くことは決めているのだから、行かなければならない。
ハシゴ2本目の映画であるアビスを鑑賞した後、ライブビューイングの開場まで1時間しかなかった。
2つの劇場は車で30分くらいかかる位置関係なのだから、結構時間的にはかつかつ。

そこで俺が思いついたのが、グーグルマップで「自動車専用道路を除く」設定で検索した最短経路を原付で行くのではなく、あえて徒歩のルートを検索し、その道を原付で通ることにしたのだ。
これは車の通れない道を検索してくれることもあり、結果、車と原付がともに通れる道を原付で行くよりは、時に早く目的地に着いたりすることもある。
俺は原付で初めて向かうような場合には、よくこの方法を使っている。

今回ライブビューイングに向かう映画館は初めて行く場所ではないんだけど、原付で行くのは初めてだった。
ということもあって、グーグルマップに言われるがままの道を原付で進んでいった俺。

しかしその道案内、なんと「思った以上に徒歩でしか入れない道」であった。
そもそも「車では通れないような道を案内してもらうことで、車道を行くよりも原付で早く到着したい」という思惑だったわけだが、藪の中くらいだったら全然原付で進んでいくんだけど、まさか墓場を横切るとは思わなかった
うわぁ、さすがにここを原付で横切るのは……。
と思ったが、もうすでに四の五の言ってる場合でもない時間に迫っていたために横切りました。

そうして無事劇場にたどり着いたときは、ずいぶんほっとしたものです。
誰かに呼び止められないか、びくびくしながら進んだので。俺以外に誰もいなかったけどね。

ラブライブフェスの感想としては、このような感じになります
ラブライブ、ライブはじつは初めてなんですよね
ミューズが一世を風靡したころ、俺には別にライブやライブビューイングに行くという発想はなかったし、もったいなかったな、とは思うけどまあ仕方ないよね。
例によってゲームを一切していない身からすれば、アニメが唯一の供給源である。
よって虹ヶ咲は曲を一曲も知らない状態で参戦(声優は知っている人がちらほら)
数々のライブを経る中で、「知らない曲ばっかでもライブは楽しい!」ということを学んでいた俺は、むしろ虹ヶ咲の良さを知る場にできた。
おれが参加した一日目は、楠ともりさんと鬼頭灯里さんと演じるキャラの持ち曲は披露されなかったけど、ステージでは久保田未夢さんの曲がとてもかわいらしくて久保田さん本人も顔が良くて、ああ、これは推せますね……。となりました。
Aqoursパートは3ユニット+セイントスノーもあったこともあって本ライブの中心的な感じがして、単独で最近までライブをしていた人たちなだけにミューズを心待ちにしている人にとってはどうなんでしょう、とは思ってまったけど、俺にとっては全部新鮮だった。
ユニットパートでの、メンバー切り替えの時の次回予告がめちゃくちゃ好き。もう一回見たい。
Guilty Kissパートでは「あー、これ聞き覚えあるわ……」からの「すばらしい。なるほどね……、これは人気になるわけだわ(厄介を引き寄せるわけだわ……)」と思いました。
セイントスノーはアニメでも好きだから、ここで聞けてうれしい。なによりスタァライトのオタクとしては佐藤日向さんのスタァライト以外のステージを見ることができたという点でとても大きな収穫となった。
やっぱ佐藤日向は本人がオタクだということもあって、演じるキャラやコンテンツを愛してくれているのが伝わってくるからうれしくなるんですよね。
ちょっと前だったら、声優さん方はあまりにいろんなキャラを演じすぎるとかつて演じたキャラを覚えていない、なんて話はよく合ったじゃないですか。最近は一人でいくつものキャラを演じるというよりは一度演じたキャラとマルチに末永いお付き合いを、という感じ。
これも時代ですかね。
ダンスなうできたしさとひなラップも堪能できたし満足だけど、欲を言えばAwaken the powerも聞きたかったです。
Aqoursパートではくそでかいゴンドラが出てきて笑った。マジですごいねあれ。なに?ラブライブではあれが普通なんですかね……。
アニメ楽曲たくさん演奏してくれてうれしかったです。
ラストのミューズパートはやっぱり一番盛り上がってた。
声優個人個人では全然引退したわけでもなんでもないので、別にほかの現場で見る機会はいっぱいあるんだけど、やはり9人集まった時の特別館というのはあるんだな、と思いました。
三森さん、久保さんなんかは最近も現場でお会いしたし。
個人的には、自己紹介コール&レスポンスがいちばん楽しかった気がする。
ミューズのオーラがすごい。あと「よくこのメンバーを集めてくれた……、ありがとう……」ってかんじ。
ライブビューング会場だったとはいえ、スノハレのライトをオレンジにするアレに参加できてよかった。
ライブが終わった後の劇場を後にするお客さんたちの、充足しきった感じがとても伝わってきたのが良かったです。


こんな感じで、壮絶な3ハシゴを終えた一日でした。
1日目のライブビューイングには行ったが。2日目はさぼった。
さぼって何をしていたかというと、家の録画の消化をしたり掃除をしたりしました。
やはり人間、2日休みがあったら1日外に出たら1日引きこもる、くらいのバランスが一番ちょうどいいんですよね


以上!

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.