花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
【写真】人生初!の、U・S・J!に行ってきた!!
2020011ラルク大阪ほか (11)
ラルクのライブで大阪に来たついでにどこかに行こう、と思って行ってきました。
人生初となったユニバーサルスタジオジャパン。
大阪には何度も遊びに来ているけれど、アニメイベント行って帰る、コンベンションに行って帰る、日本橋でカード漁って帰る、みたいなことしかしてませんでしたからね。
2020011ラルク大阪ほか (10)
実は何度か誘われたことはあったんですよ、ユニバ行こうぜ!って。
でもそのとき誘われたのが、大して仲もよくない連中と作っていたグループラインの中の話題で出てきた感じで、当然俺と行きたいのではなくあのグループラインの中にいる意中の誰かと行きたいんだろ、みたいに思って黙っていたら、次々と「いいねいいね」と手を挙げていく面々。
おいおいマジかよとも思いつつ、俺はかれこれそのグループラインに属して最初の挨拶ぐらいでしか発言していなかったので「いけません残念です」みたいな発言も「いやごめんお前誰?」って思われそうで黙っていたら返信の機会を逃しもやもやした時間を過ごしたのであった。
そうこうして彼ら彼女らがいざUSJに行くぞ!っていう日が近づいてくるころ、ある一人が「ごめん行けなくなった」と発言しそれから雪崩のように「おれもおれも」とみるみる人数が減っていった。
「流れろ流れろ~w」と思っていたら案の定その予定は流れ、その後そのグループラインは年始のご挨拶程度しか動かなくなった。
ようするに何が言いたいかというと、俺にとってUSJはどんな場所かというと、
名前を聞くだけで
●嫌いな奴に一緒に行こうと誘われたことを思い出す
●嫌いな奴からの誘いを断れずにもやもやしたことを思い出す
●嫌いな奴ら同士の予定が流れることを祈ったことを思い出す
そんな場所なのです。

今回はそんなUSJの思い出を、楽しい思い出で上書きしたいと思います!!

2020011ラルク大阪ほか (14)
やってきましたUSJです!
入場してまず第一声。
「ほんとうにすごいね!」

ランドの中に町があるよ!

2020011ラルク大阪ほか (16)
そして池がある!ここは映画ジョーズのアトラクションのあるステージ。
俺の記念すべき初USJの初ライドは、ジョーズのクルーズだった。
俺はジョーズが好きなんですよね実は。
ジョーズのライドは1時間待ちくらい。入場したのが10時くらいで、飲み会の約束をしている時間から逆算して夕方18時くらいまで遊べることを考えると、1アトラクション1時間待ったとしても、4~5アトラクションくらいは乗れそう!
どれに乗ろうかってことをジョーズの列に並びながら考える。

ジョーズのアトラクションは、めっちゃ濡れるとは聞いていたのですが、俺は服が濡れるのは気にならなかったのでクルーズ船の端の席にたまたま当たってラッキー!って感じ。
はきはきとしたイケメンのクルーの案内の下、サメ退治に行ってきました。めっちゃ濡れたけど楽しかったです。

2020011ラルク大阪ほか (17)
そして次は新しいライド(世界ふしぎ発見!で数年前に新しいライドと紹介されていたのが最新情報)の、ハリーポッターの世界に向かった。
ジョーズの湖からもひときわ美しい姿が見えていたのでこれを楽しみにしていた。
さっそくメインのライドに並ぶがなんと90分待ち。
行列のさなかは作戦を考えたり、Twitterを見たり、スタリラをしたり、行列に並ぶほかのリア充どもの会話に聞き耳を立てていたり(社会勉強)していたら、あっという間に時間は過ぎた。
ハリーポッターの行列は、待ち時間にはマンドラゴラを栽培していた温室に案内されて、それから城の中に列が進んだと思ったら、映画通りの動く絵画やなんやらが待機列を楽しませてくれた。
むしろライドの順番が近づくにしたがって列の進みが早くなり、「ちょっとちょっと!絵画のセリフを聞いてから進みたいんだけど!」なんて思いながら通り過ぎて行った。

そしてそのライドはすごかった。
大量のろうそくがつるされた部屋で椅子に乗ったら、箒に乗って空を飛んでいるように周りの風景が流れて風が吹いて水が飛んで。
怪物とぶつかりそうになったり、水面すれすれや建物の隙間を猛スピードで駆け抜ける経験ができる。
「マグルのファンへアピールかポッター!」というマルフォイの特設ボイスが聴けたのも最高(ピックアップするのそこかよw)

2020011ラルク大阪ほか (18)
ハリーポッターは杖をはじめとした魔法道具のような、映画に登場する小物が多くて、アトラクションなしでも土産物屋さんにくるだけでもとっても楽しい。
写真は、お値段8万円ほどの魔法使いのチェス。

2020011ラルク大阪ほか (19)
かっこいいね!
昔折り紙でチェス作ろうとしたよ俺は。
みんなもそうだよね?

2020011ラルク大阪ほか (24)
そして次にやってきたのは、ジュラシックパークゾーン。
ここでも1時間ほど列に並び、映画(1作目)に登場する恐竜が登場するジュラシックパーク・ザ・ライドに乗った。
クライマックスの、ティラノサウルスの登場とともにスプラッシュマウンテンするところとか、「自分がどのくらいの高さにいるのかわからない」状況で駆け降りるコースターのほうが怖いんだなって思いました。


2020011ラルク大阪ほか (22)
何より列に並んでいる中、頭上をぐるぐる回っている超大型コースターの「ザ・フライング・ダイナソー」に、これは乗らなければ!と思っていた。
しかし残念ながら3時間待ち……。
他の大型コースターが整備中のため、絶叫マシンの好きなお客さんが集中していたようだ。
その時点で15時過ぎくらい。
18時までという制限時間の中、残り時間をすべてつぎ込めば乗れないこともなかったがここはあきらめて、別のライドを複数乗ることにした。
写真はジュラシックパークゾーンのレストラン。

2020011ラルク大阪ほか (23)
その後写真は撮り損ねたが、30分並んで入れた「バックドラフト」に入った。
「待ち時間30分!?すぐ入れるじゃん!!」と即決してしまうところが、もう金銭感覚ならぬ待ち時間感覚がマヒしている感じがすごいですよね
バックドラフトは実はとても好きな映画の一つで、初めて見たのは中学生の時だったんですけど、最後の最後にお兄さんが死んでしまうシーンでは
「ああ……、どうして人は死んでしまうのだろう……」と思ったのを覚えています。
アトラクションでは炎がいっぱい見れて楽しかったです(小並感)。

バックドラフトの後に乗ったのは、スパイダーマンのライド。
こちらは1時間待ちで、時間的にも最後のライドになるかなって感じ。
4Dxってやつかな?3D眼鏡をかけてビルの間を駆け回るスパイダーマンに助けられながら、怪人と戦う。
めちゃくちゃ面白かった。3Dってすごいね!
実は俺、映画館で4Dxを見たことがなかったのですけど、今回のライドを機に興味が出てきました。

2020011ラルク大阪ほか (25)
そんな感じでスパイダーマンまで楽しんだ俺だったが、実はこの日の夕方17時ごろからミュージカルがあるらしかった。
しかしそれまでに少しだけ時間があったので、メリーゴーランドに乗ることに。

完全に前日のラルクのライブの影響

メリーゴーランドといえば、Blurry Eyesでしょ!って感じで乗ったわけですけど、メリーゴーランドに乗るのは何年ぶりだったのだろう……。

2020011ラルク大阪ほか (26)
「メリーゴーランドに乗ってBlurry Eyesごっこします!」と言って乗り込んだくせに、回転する動物たちと戯れながら
「回るよROUND and ROUND メリーゴーランド!!」とか歌ってました。

2020011ラルク大阪ほか (27)

思いがけず、最後のアトラクションはメリーゴーランドになったわけだけど、これはよかったね!
なんか行列に並んでばかりの一日の終わりに、メリーゴーランドでゆったりした時間を過ごすことができた。
おすすめです、一日の終わりのメリーゴーランド。

2020011ラルク大阪ほか (28)
日が暮れて17時になると、予告通りミュージカルが始まる。
園内中の人が集まってんのかっていうくらいの人垣というか人の絨毯。
30分くらいのショーを寒空の下で鑑賞したわけだけど、ステージ上の天使のダンサーたちのほうが圧倒的に寒そうだった。
薄着そうな衣装で宙づりになっているんだが、激しいダンスをしていると寒くないのかな?

2020011ラルク大阪ほか (32)
と、いうわけで以上で、退園!
いやー楽しかった!

もう完全に俺にとってのUSJとは、楽しい思い出の場所になりました!
USJと聞いて嫌いな奴を思い出すこともない、「ラルクのライブの後に行ったんだよね!」という思い出を語れる場所になったというわけ。

これが思い出の上書き保存だ……


2020011ラルク大阪ほか (31)
USJを後にしたあとは、大阪在住の大学時代の同期と合流し、夜中の2時まで飲みました。

とっても楽しい一日になりました。

おわり

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.