花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
花岡の日なたに眠る
鹿児島県花岡町集落センター横に、六月灯(大隅半島特有の夏祭り)や地元のスポーツ行事などで利用される芝生の公園がある。

その一角に、日露戦争戦役紀念碑、大東亜戦争戦没者慰霊碑はある。
P1010951.jpg
ふたつの碑に加え、頑徳碑、招魂塚と、巨大な石碑が一列に整列している。
P1010944.jpg
 4年前に公園整備があり、現在はコンクリートで足場を固められているが、それ以前は土の地盤に直接石碑が建立されていた。

 石碑は背の低い植木で囲まれており、花岡町地元住民によって、年に数度、講演及び石碑周辺の清掃、植木の剪定などの公共事業が行われている。
    

P1010939.jpg

墓石みたいな材質。
他の石碑に比べると新しい印象だけど、少なくとも俺が5歳の時にはここにあった。

P1010940.jpg

石碑の中では中央に位置するもの。
写真で見た目以上にかなり大きい。

日露戦争戦役石碑は、これらのなかで一番小さい石碑だけど、それでも俺の身長と同じくらいだった。

P1010941.jpg

これが、大東亜戦争戦没者慰霊碑と並んで最も大きな石碑。
その名の通り、慰霊碑に眠ろうとする先祖の魂が道に迷わないようにするための、いわゆる目印。
この塚が呼び招いた魂が、慰霊塔で眠る。

P1010938.jpg


 これらの碑の意義とは、この土地から飛び立った先祖の魂を悼み、慰めることであり、二度と戦争が起こらぬことを祈願し、戒めとすると同時に、その過去おこった歴史的事実を現在および未来に伝えることだ。

 しかし俺の考えでは、慰霊碑の周囲の清掃をする公共事業こそ、最もこの慰霊碑にとって強い意義だと思う。
 
 現在花岡に住まう住民のほとんどは、島津家がこの土地を納めていたころから変わらない農民の子孫であり、この慰霊碑に名を刻むものとは何らかの血縁関係がある者ばかり。

P1010948.jpg

慰霊碑の裏側には人の名前がびっしり。

しかも、苗字は見覚えがあるものが多い。

imagesCA7GPBK0.jpg

 戦時中、花岡のような田舎から順に政府による食料物資や人員の搾取は始まった。

 現在があるのは、間違いなく当時の人々の苦しみと努力があったからであり、その慰霊碑を現住民がこぞって清掃することは、先祖に敬意と感謝を示すこの上ない機会となり、参加する地元の子供たちにこの奉仕作業を受け継がせることによって、上で一度挙げたような石碑の目的を達成することになるのだ。


 俺は先祖を敬うことの大切さ、現在残る平和の大切さと、そこに至るまでの多くの先祖の死と苦しみを学び、なんとなくとらえてきていた公共事業の大切さを考え直すことができた。
 
 
それは鹿児島の太陽と火山灰、そして地元の愛情を全身いっぱいに浴びて、鹿児島での暮らしと現在に残された花岡の平和を、先祖の魂によみがえらせているようだ。






この記事の内容、俺が大学で初めて提出するレポートなんだけど、どうかな?
(もちろん文体はもっと真面目だよ)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
全国にこんな感じの碑ってどんくらいあんの?
&どんな感じに扱われてるとこが多いの?
2012/05/20(日) 10:52:43 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.