花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
【日常】台所の配線回りのDIY
20191008 (1)
偽ルンバ君の登場により、自宅の床になるべくモノやコードを置かない、という試みを進めることにした。
実はこれも偽ルンバを購入した目的の一つで、偽ルンバは稼働の度に部屋のごみを吸い取ってくれるだけでなく、部屋の床を整理する(偽ルンバの通り道を作る)きっかけを与えてくれる存在なってくれることを期待して購入したのである。
そう、掃除にとっての偽ルンバ購入とは、大きな買い物前の庶民にとっての増税のような存在なのだ。
20191008 (2)
実は現在のアパートに引っ越してきてからしばらく、炊飯器は床の上にあった。
引っ越しの際に炊飯器を置いていた食器棚(中はほとんどからっぽでスペースがもったいなかった)を削減してしまったこともあって、炊飯器の置き場所がなかったのだ。
しかしこの度、コンロ横に移動。
コンロは閉鎖していて、その上にIHヒーターが乗っている。
若干手狭ではあるが、カレーや野菜炒めを作る程度の自炊しかしていない俺にとっては問題ない配置。
とはいえシンクからコンロの鍋へ食材を運ぶようなときは炊飯器をまたぐことになってしまうので、できれば、IHヒーターと炊飯器の位置は逆だったらベストだったが、そうすると換気扇がIHヒーターの真上に来ない。
難しい問題だ。

20191008 (4)
炊飯器とIHヒーターをここに置いたことで込み合うのがコンセント。
多分この家、コンロを閉鎖してそのうえでIHヒーターを使うような使い方は想定していないらしく、台所に100V電源は冷蔵庫の裏に2口しかない。
一つは冷蔵庫に使い、炊飯器、HIヒーター、そして写真には写っていないが冷蔵庫の上に設置している電子レンジの電源はたこ足配線するしかない。
従来はこれを冷蔵庫裏の床に垂らして、冷蔵庫のわきから床に置いた炊飯器につないでいたのだが、炊飯器を床の上からHIヒーターの隣に移すにあたって配線の位置がこういった形をとらざるを得なくなった。
こうすると水がかかったりして故障や感電、ショートの恐れがある。

20191008 (5)
そこで作成したのが、ポニーキャニオンコンセントボックス第2号である!!

長々と書いといて、前回作ったやつと全く同じやんけ!!と思ったかもしれない。

ほこりから守ったり見苦しい配線のからまりを隠してくれるものとして紹介したが、今回は水の対策もできている分、同じものだけどアピールポイントが増えているぜ。

これによって、床にものが減った、暮らしやすい自宅に一歩近づいたのだ。



おわり


2019610130242
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.