花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
【カード考察】剣闘獣と高相性、置いて渡せるリンク3「天威の龍拳聖」
201908mannga (8)
めちゃくちゃ久しぶりにVジャン買ったぜ。
なにせあの「抹殺の指名者」が特典だった時ですら買わなかったのだからな!
(買えなかったの間違いでは)
201908mannga (999)

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/幻竜族/攻2600
【リンクマーカー:左下/下/右下】
リンクモンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは効果モンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドに他の効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地及び自分フィールドに表側表示で存在する、
効果モンスター以外のモンスターの数まで、
相手フィールドの効果モンスターを選んで破壊する。



スレイブパンサーは、剣闘獣にとって「毎ターン出したいカード」である。
スレイブパンサーが出せる状況なら、手札に上級剣闘獣・デッキにアウグストルがいる限り、だいたいエーディトルの効果まで直結する。
しかし上級剣闘獣が手札にいなかったときは?
強い盤面まで直結しないからパンサーは出さない?

いやいやいや。
その時はスレイブパンサーからアウグストルを出さずにエクイテを出せば、パンサースタートでサーチして使用済みの再起を回収できるため、実質1枚消費で場にパンサー+エクイテという盤面。
そうなれば、次のターンは再起を絡めて確実に再びパンサーを出し、新たな起点とすることができるのだ。

そんな「たとえ事故っていてもパンサーは出すべき」というデッキである剣闘獣にとって、リンク3で場持ちの良い、置いて渡せるリンクモンスターは基本的に採用圏内となる。

しかし調べてみたところなかなかいない。
リンク3モンスターを単騎で出すなら、コードトーカーシリーズは大したことはないし、パンサーを素材にするリンク3というと、「モンスター3体」を指定されるとこれまた困る。

「なんかあんまいいのいねぇな」と思っていたところに登場したのがこの「天威の龍l拳聖」である。
「天威」といえば、「効果モンスター以外のモンスター」をキーワードにしたテーマで、剣闘獣というとすぐにアンダルの存在が思い浮かぶ(同時に、効果モンスターであって効果を持たない似非ダリさんの存在も……w)。
確かに第2の効果は墓地にアンダルがいるときに発動できる対象をとらない除去効果であり、剣闘獣が苦手な対象耐性をもつモンスターに有効だ。
だが、アンダルを採用していてもしていなくても、スレイブパンサーを用いる剣闘獣なら採用の価値があるぞ。

「初手でパンサーを出せるけどエーディトルまでつながらない」というのがどういう状況か想像してみると、それは単なる事故だけでなく手札誘発などの妨害を引きすぎた場合がある。
そんなときのこの「龍拳聖」は、戦闘耐性をもつ26打点というだけでそこそこの打点だが、それに加えて手札誘発などの妨害札もあれば十分「置いて渡せるカード」と言える。

今後より強力なスレイブパンサー+1体で出せるリンク3モンスターが登場すればそれに鞍替えされる可能性はあるが、少なくとも現状は剣闘獣と相性の良いカードであるといえる。
ぜひみんなも押さえておこう(もう売ってないけど)


おわり


201908222351
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.