花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
【カード考察】剣闘獣に新規登場!その時仮ピー氏の心境は……。


はっきり言えよTwitterでわちゃわちゃやってるやつらが嫌いなんだろ


久しぶりの遊戯王記事です。
剣闘獣に新規が追加されます!じつは1週間ほど前からそれらしきモンスターの画像だけ割れていて、本当に剣闘獣の新規なのか、というところから謎に包まれていたのですが、少ないイラストからの考察やプロモパックなどに収録されるという間接的な情報によって剣闘獣の新規は確実なものとなっていった。

そうしていくうちに浮足立つ全剣闘獣ファンたちだったが、俺は少し憂鬱な気持ちも



新規判明前のツイート。
新規登場に先駆け、「こんな剣闘獣でも、今はこれが強いんだよ」という最後の叫びになるか。
最近の遊戯王、というか原作カード強化らへんに力を入れ始めたころからずっと不信感があって、過去カテゴリ・テーマのいたずらな強化はデッキを一本化させてしまう姿を何度も見てきたからだ。
ただ与えられたカードを使ってデッキを組むだけ。
どんなデッキにするかどうやって強くするかということを考えることによりも、「こういう風に組んでください」と言われた後にいかにしてそのパーツを集めるか、ということの方が大事になってはしまってはいけない


新規判明前に使おうと思っていたのは、それこそカテゴリ化によって掘り返されたシムルグ関連カードの「エルブルズ」を採用したデッキ。
これは一つの記事にしなきゃ、そのためにはまず大会で使ってみなきゃ、と思っていたのですけど、結局エルブルズ判明後一度も大会に出ることなく新規剣闘獣が登場してしまった。


詳しくは別記事を予定してます。


じつはこのデッキで新年度初の大会に出た。
ドラゴンリンクに1勝2敗。


強制脱出が強い環境、好きよ


こっちはアライブ規制前の構築。
いまやそれこそ抹殺の指名者とかあるので、誘発に弱かったハイリスクハイリターン型の剣闘獣もそこそこ戦えるようになってきた感じもする。まあ、アライブは逝ってしまったんですけど


という最近の剣闘獣事情の中迎えた新規たちはいかがだったでしょう。


という感じで高評価
戦車だけでなく各種新規サポート魔法罠もサーチできる「スレイブパンサー」、バトル中に融合を行う「団結する剣闘獣」が話題だが、結局初動を解決するカードは一枚もない。
「墓地に剣闘獣がたまれば、兎猫一枚から、強い動きができる」というカードばかりで、それって今までの剣闘獣でもそうでしたよね。

今までも墓地に剣闘獣があったり、兎や猫が通ったりすれば、剣闘獣は強かったですよね


目新しい強さといえば俺は「ウェルパシアス」が評価としてはかなり高い。能動的に並べられるので。
相手ターン使いたければ剣闘獣がいる状態でバトルしなければならないのですが、罠ビ寄りの構築でも団結する剣闘獣を使った高火力を目指す構築でも使えるかも。
剣闘獣魔法罠が増えたことでエクイテがめっちゃ強くなったね


とりあえず、カードが届いてから考えるか



おわり

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.