花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
大学生になってこのアニメの魅力が増した。
「神」という言葉はなるべく使いたくはない。

しかしこの作品だけは別だ。

アニメという一つの芸術作品に、「あちらよりこちら」という言い方をするのも間違っているともおもう。

しかしこの作品だけは別だ。

この作品を超えるアニメはこれまでもなかったしこれから先も現れることはないと思う。

1.jpg

ええ、「C」のことですよ。

p.jpg

羽奈日さんきゃわわあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

74.jpg

冷静に考えてみるけどさ、

77.jpg

羽奈日さんってマジかわいいよほんとかわいい。
わけわかんないわ。


56.jpg

こんな人大学にいるわけないんだけどさ。

20110606225651_original.jpg

いても俺なんか見向きもされないことわかってるんだけどさ。

GW-20110514-001345.jpg

ああむしろよかった、羽奈日さんが現実にいなくて。

83.jpg

あ……、

imagesCANBY1XU.jpg

やべえ……、まじかわいいよ。

80.jpg

でも、羽奈日さんは公麿が振り向かせるべきなんだ。

24.jpg

バイトに熱心な公麿。

27.jpg
25.jpg

勉強熱心な公麿。

29.jpg

たまにヘタレる公麿。

40.jpg

中性的なルックスの持ち主、ぶっちゃけイケメンの公麿。

47.jpg

いざというときには一人前の勇気を発揮する公麿。

48.jpg

気が付けばすごい金持ちの公麿。

19.jpg

しかし、

46.jpg

すごい童貞力の公麿。






とりあえず「C」の画像貼ってわくわくしようぜ。

12.jpg

63.jpg

52.jpg

真朱×Qのイラストが絵になるみたいだね。

二大ヒロインだし、性格もシンボルカラーも対照的な二人が並ぶ姿はカッコいい。

13.jpg

しかし世間的にはQの方が人気があるみたい。

10.jpg

17.jpg

21.jpg

fb367e40-s.jpg

まあ確かに、Qはかわいかった。





しかし真朱もかわいいんだけど。

39.jpg

50.jpg

53.jpg

23.jpg

66.jpg

そしてサトーさんもうすぐ三十路。

34.jpg

美人で強くてかっこいい人でした。

22.jpg

78.jpg

72.jpg

俺はあんま好みじゃなかったけど、この人はこの人で非常に人気の高いキャラ。

三國さんとの戦いで人気が急上昇した。


その前には三國さんの人気も急上昇していた。

32.jpg

イケメンで金持ち。

14.jpg

そして、妹思いですごく優しい。

41.jpg

Qとの間にある強い愛情にも泣かせてもらった。

33.jpg

男の俺でも惚れてまうわこれは。


そして同じくらいカッコいいのが、ボランティア王子こと、宣野座さん。

31.jpg

彼は後々の公麿に大きな影響を与えることになります。

69.jpg

76.jpg

彼が登場した回は作中トップクラスの面白さだった。

65.jpg
でもこの鬼畜アセットには引いた。

でかすぎやん。

真朱よく勝てたな……。


30.jpg

ともあれ、このアニメがいかに偉大かということは誰もが理解できているはず。

ただ、話数が少ないことを除いては完璧なアニメだといえるだろう。


大学生という、主人公と同じ年齢に立つことによってさらに面白く感じるようになった今日この頃。

ちなみに四畳半神話体系もおそらく同じ理由でさらに面白く感じるようになったアニメだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
行きたいのう行きたいのう。

夏にでもいけたらいいな。

そんときゃ案内頼むわ。
2012/05/15(火) 20:26:53 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
渋谷のノイタミナSHOPがリニューアルしてた
お台場にもできたらしい
君がこっちに来た時には一緒に行こう(^^)/
2012/05/15(火) 00:28:43 | URL | 根性無し #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.