花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
【漫画】本の帯は文化財!GWの戦利品、本の帯編
sennrihinn1905 (8)
これまでも何度か記事に書いてますけど、出張のたびにブックオフに立ち寄って、帯付きの中古漫画を購入するのにはまっています。
中古漫画というのがポイント。
しかも写真に写っているのは「蟲師」「ガンスリ」「ARIA」という、個人的に好きレベルが殿堂入りレベルの作品で、とうぜんすでに家に全巻揃えている作品ばかりだ。
つまり購入済み本の2冊目以降を旅先で購入しているということなのだ
sennrihinn1905 (9)
なにがそう俺を駆り立てているかというと、本の帯だ。
本の帯には「初版帯」とそれ以外があって、購入済の本で初版帯を持っていないものは積極的に帯付きに更改している。
とくに蟲師、ARIA、ガンスリンガーガールなどは、金のなかった高校生時代に既刊を中古で購入したタイトルだ。
当時は本の帯に価値なんて見出していなかったし、中古で安けりゃ日焼けしてようが何刷りだろうが気にならなかった。
要するに、若かったのさ……。

最近はその購入済の漫画を新しいものにしたり、本の帯をつけたりして棚に並べて楽しんでいる。
特に「初版帯」は、その巻の内容に言及した売り文句や、当時の最新情報が書かれていて、当時の編集部の作品に対する温度感を間接的に知ることができる。
「当時の温度感」というと、アニメ化されてから、完結してから、その作品しった新規参入者にとっては、とても貴重な文化財なのだ。
本の帯つきで中古本を売っている古本屋は多くはないが、ブックオフでは特に100円程度で手に入ることも多く、行ったことのないブックオフが旅先にあれば、積極的に立ち寄るようにしている。
そして持っていない帯つきの本があれば狩りつくす
ポストカードや、そのほかのチラシなども挟まっていればさらにラッキーって感じだ。

こういう帯付きで中古本を売ってくれているブックオフをアタリブックオフとして個人的にリスト化しているが、俺が大切に思っている本の帯を、誰もが大切に思っているわけではない。
立ち読み客が本を棚に戻すときにクシャっと破いてしまったり、店員がご丁寧に帯を外してから棚に商品を並べているのを見ると、悲しい思いをする。

だから、だれかが守ってあげなくちゃ……。

失われゆき二度と発行されることのない、人類の有する限られた文化財を……。


201905261117
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.