花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
花岡、自宅から北の写真
花岡パトリオットの写真といえば、高千穂神社や西武公園の写真が多い。

それらは自宅から南へ向かった方角。
今回はゴールデンウィーク中に撮った、北側の写真を紹介。

花岡の違った一面が見られるよ。

P1010911.jpg

小学校があるのがこのあたり。洒落た建物が見られて、休日、この辺りは怖いくらいに静か。
P1010909.jpg
こちらが数年前に通ったバイパス。

このバイパスのおかげで、花岡に初めて信号が立った。

この道を下って行けば、鹿児島湾を横断するフェリー乗り場に付く。

しかし自転車なので帰りが大変になるから今回は深入りはしない。

ちなみに、ツーリングコースとしては最高。

右手に桜島や高隅連山、右手に鹿児島湾を臨みながら坂を下ることができる。

P1010912.jpg

バイパスに交通量を奪われた、畑の間を縫う道路には、軽トラ以外の車は見当たらない。

P1010913.jpg

迷路のように入り組み、畑に囲まれているかと思えばいつの間にか森の中に。

P1010914.jpg

美しい木漏れ日を浴びるのは、誰も知らない場所の廃屋。

誰かが来るのを待っているのかどうなのか。

近づくのを躊躇わせる素敵な雰囲気を醸し出していた。

P1010927.jpg

一方すぐ近くには、火山灰を回収する場所がある。
アスファルトの原料になるのだろう。

しかしそこは柵のない危険な崖。

向こうには海も臨める。

荒涼とした火山灰の台地と海のきらめきのコントラストが見事な場所だった。

P1010929.jpg
そして懐かしいものを発見。

蛇いちごとか山いちごとかいうやつ。
どっちかわからん。

多分これは食べても平気だが一応やめておいた方がいいかも。

P1010930.jpg
振り返ればそこには深い森。

銃声が響き渡るこの一帯には、俺も知らない世界が待っている。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
写真見てもわからんとこがちらほら。。。
夏に帰ったときにでも案内プリーズ
2012/05/11(金) 22:34:40 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.