花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【聖地巡礼】そのほか観音寺関連の写真まとめ
●観音寺で購入したお菓子とうどん(20190126)
201901kannonnzi (85)
最近、アニメグッズ買うなら食い物がありがたくなってきた。
食い終わったら場所は取らないし、パッケージをファイリングして保管すれば振り返りもできる。



●スタンプラリーと観光パンフ(20190127)
201901kannonnzi (86)
スタンプラリーの台紙も、このまちあるきマップも、めちゃくちゃ丈夫な紙で出来もとてもいい。
201901kannonnzi (90)
けっこうな印刷代がかかってると思う。これが聖地としての町おこしに舵切りして予算をつける市の力。
201901kannonnzi (88)
配られるシール。
毎回別のデザインを用意している。
今回の観音寺のイベントでは、一日で2000人を集客するイベントだったらしいのだが、滞在中に宿代や土産代、グッズ、移動費、食費などで一人2~3万円使ったとすると、この市に5000万くらいの金が入ってくるわけだ。
イベントの運営や準備などで数百万円使ったとしても、全然いいのかもね



●観音寺、聖地系の書籍が充実してるっぽい(20190126)
201901kannonnzi (19)
スタンプラリーで立ち寄ったカフェでパラ見。
201901kannonnzi (20)
たまゆらもっと頑張ってほしいけど、あっちはもうコンテンツの動きが止まってしまってる。
ゆゆゆはまだゆゆゆいがある。この違いは大きい。



●観音寺の銭形砂絵(20190226)
201901kannonnzi (24)
昨年来たときは見に行かなかったけど、この場所も観音寺港と同じくアニメ2期で新たに聖地となった場所。
確か、勇者部が猫を探すシーンで出てくる。



●天然記念物根あがり松(20190226)
201901kannonnzi (25)
独特な形をした松の木。これは不思議&見事な松だ。
ゆゆゆの「樹海」のデザインのインスピレーションにでもなったのだろうか。
この世ならざる形をしている。ビクトリアファージみたい。
201901kannonnzi (35)
銭形砂絵の近くの松林もかなり変わった伸び方をしている松の木ばかりだ。
でもどういう原理、経緯で、こんな形の根になったのか、っていうくらいの説明はあってもいいんじゃないかな
「オレゴンの渦」っていうのを思い出すな



●スタンプラリーの景品交換所(20190126)
201901kannonnzi (23)
ここを訪れるのは2回目。
なんか展示がパワーアップしていた
歴代スタンプラリーの景品があったりなんかしちゃって。



●香川上陸後最初に食ったうどんが自販機という事実に震えろ(20190126)
201901kannonnzi (41)
うどん自販機といえば、広島でよく食べていたのでおっ!ちょっと食ってみるか!という感じ
201901kannonnzi (44)
でも見ての通りお湯を注ぐタイプ(器にうどんが盛られて出てくるタイプの自販機ではない)だったので「ちがう、これじゃない」みたいな。
観音寺港でとても体が冷えていたのでめっちゃおいしく感じました



●そういえば行ってなかったな、と思って滞在2日目に行った(20190127)
201901kannonnzi (75)
ここを訪れるのも2度目。
当時は4人で行ったのに、と思うとちょっとしたさみしさがこみあげてくる



●思い出のすき屋での〆(20190127)
201901kannonnzi (82)
今回の観音寺で味わったのは、この友人と合流するまでの24時間、一人で味わった聖地巡礼の味だ。
キャサリンヘプバーンの「旅情」という映画を思い出した。
そう、俺はこの旅行で、非常に珍しく認めたくもないのだが、一人で聖地巡礼に来ることのさみしさを覚えていたのだ。
第一回目に訪れたのがもし1人だったら、それ以降1人で訪れても全然平気なのだろうが、前回仲間たちと訪れたところへ1人で訪れるのは、とてもさみしい気分がした。

これから、そういうことはどんどん増えていくよきっと
覚悟を決めろよ、非リアぞの


おわり


201902021848
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.