花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
【デッキ考察】剣闘獣デッキの今。手足と羽をもがれても大暴れして禁止になった征竜じゃないんだから
2018090101 (1)
手足と羽をもがれた剣闘獣は姿を消すのみですか?


昨年10月にヒーローアライブが制限になってからは、アライブ剣闘獣が構築不能になったので仕方なく、そこそこ柔軟性のある型だったマスマティ猫剣闘獣を使っていた。
ふつうの猫剣闘獣に、レスキューキャットへ接続する手段としてマスマティシャンを採用していたものだ。
マスマティシャンを見せるととりあえずうららチェックになるというのと、うららを打たれても最低限ドローの仕事をする、その後場を空けてもノクシウスが機能できる・墓地送り対象が猫以外にもペロペロやサウザンドブレードなどが採用できる、などの点で結構かみ合いはよく、使い勝手はよかった。



しかしそのマスマティ猫剣闘獣は、1月の改定からマスマティ制限化によって壊滅してしまった。
まさに手足をもがれ、羽をもがれた状態である。


と、いうわけで現状どんな型が組めるのか確認。
しかしなかなか魅力的な型はないですかねー。



昔罠なしの手札誘発型剣闘獣を組んで、それが結構よかったことがあった。
ボード・ハンドアドバンテージを取るのが得意なデッキに対して結構うまく立ち回れる。
閃刀姫とか。

20190112ラッシャイ (7)
しかしまあ、今の環境だと結構低速化しているのと、結構デッキの多様性にあふれてる。
だから案外罠型がいいのかも、というのが現状。
ツイッターでほかの剣闘獣を使っている方のレシピを見てると、結構和睦がいいみたいですね。
確度高めのワンキルをするデッキも多いんですけど、ワンキルを防げたら制圧力は罠数枚だったりするみたいなんで、和睦やノクシウスでワンキルを凌げば結構チャンスは見える。

20190112ラッシャイ (8)
エクストラも必須は剣闘獣以外は少ないので(エクシーズなんてほとんど使ってないし)、サイドデッキにさくらとか入れられそうですね。

20190112ラッシャイ (9)
ほかの採用圏内のカードとしては、アロマがあります。
いよいよ魔法カードがメインデッキからほとんどなくなっちゃったんで、アロマもメイン採用でもいいかなとも思ったんですけど、それは相手のデッキもまた魔法カードの採用減ってるんで。
Pデッキとか閃刀姫と当たった時とかのサイドデッキですね

20190112ラッシャイ (10)
そしてこっちは、罠を少し絞って猫の枠を無理やり作った猫+罠剣闘獣。
囲んであるカードたち7枠ぶん作れたら、なんとか猫を搭載できる。
やっぱり猫は一枚からドラガシスやナチュビになれる強みはあるんでできれば使いたい。
ただしうららやGを踏んだときのことを考えるとハイリスクハイリターンで、罠を増やした分だけ誘発ケアの指名者やガンマを入れられてないので。
猫失敗で場が空になったらノクシウスと罠でふんばるしかない(逆に、猫に失敗しても手があるのはよいことだ)。
ナチュビを建てたいときとか、どうしても先行で猫を成功させたいならお祈りで効果発動するのがいいんだけど、そうでなければできれば、先に剣闘獣を棒立ちになってる状態で猫発動したほうがいいかも。戦車があれば最高だけど、なくても場に剣闘獣は最低でも一体いる状態で相手にターンを回さなきゃだよ。
戦車はなくても和睦があれば相手ターンムルミロ打ったりしてなんとか耐え抜けるでしょ。

手足と羽をもがれても、何とかして生きて。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.