花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
【暇つぶし旅行】秋の鳥取旅行(食欲編)
201811tottori (20)
「スポーツの鳥取旅行」「芸術の鳥取旅行」に続いて、今回は「食欲の鳥取旅行」
鳥取の田舎道を進んでいると、柿畑に出くわすことが多い。
柿畑でなくても、というか鳥取でなくても山陰筋は、地元九州や山陽筋に比べてその辺のふつーの民家に多く柿の木が見られる場面が多い気がする。
201811tottori (21)
柿の木を見ると思い出すのが、塀の向こうの屋敷の庭から大きく枝を伸ばし実を付ける柿の木をを見つけた兼好法師が、立派な柿の木だと思って見物してみようと塀の中を覗き込むと、柿の樹の周りに柵がしてあり、柿の木の主の欲張りで人を信用しない性格が垣間見えて残念に思った、という徒然草の一節だ。
俺は逆に、柵も塀もない田や畑、果樹園、無人販売所に詰まれた農作物に、その地域の民度の高さというか、互いが互いを信用することによって成り立つ風景のようで好きだ。

ちなみに鳥取県は梨はもちろんだけど、柿も有名で、びっくりするくらい大きな品種もある。
いろいろ買って食べたけどどれもおいしかった。

201811tottori (22)
あと、鳥取で食べたのはカニ丼。
3500円だ。
カニ味噌で和えたカニの身が乗っている、ぷりっぷりしてて最高。
カニ汁もおいしい。無限に飲みたい。

業務スーパーで68円おにぎり×3=204円を日々の昼食としている俺にとっては、じつに17日分の昼食代を1回の食事で食べたことになるが、はっきり言っておにぎり51個分よりもはるかに価値があるよ。

俺は「食費」はいくらでもケチるが、旅行先で食べるものは「食費」ではなく予算計上は「娯楽費」となるので、予算は無限。

いくらでも出せる。


ちなみに飲み会代や誰かと食べる食事に限っては予算計上は「食費」ではなく「交際費」となる。
なんにせよ、これだけうまいものを喰えばまた仕事も頑張れる。
というか、「(娯楽費+交際費)/食費」の値(エンゲル係数)を上げるために働いてんだよな。
それがうまいもの喰ったときにいつも感じる。幸せだよほんと
まあ、基本的に何くってもうまいって言うんだけど。


201811212239


関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.