花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
鹿児島あああああああ!!!
P1010486.jpg
と、いうわけで2日の夜中、仮ピーは帰省しました。
まず、新幹線に初めて一人で乗った。

普通電車からの乗り換えがうまくできるかどうか不安で不安で仕方がなかったわけですが。

なんとかうまく切符を買うことができて、田舎者の必ず通る道とされる、改札でガコンッてなるのは回避できた。

あと、痴漢の冤罪に巻き込まれることもなかった。

新幹線の乗り換えもスムーズにできて、新幹線に乗ってしまえば4時間ほど寝ているだけで鹿児島。

その時はもう日付は変わっていた。

そうして3日、母親の車で花岡を離れて、久々に市街地の方をぶらつく。

大学周辺のどこのCDショップにも置かれていなかった、School Food Panishument のCDを探しにいろんなところをめぐっていた。

古本屋が完全にカードショップ化していてテンションが上がった。

俺の趣味でアンティーク物のカードを1000円分くらい買った。

結局、母親を4時間近くも連れまわしてしまった。

せっかくの帰省だし、ってことで文句の一つも言わなかったけど、相当疲れたと思うんだ。

悪いことしたな、うん。

3日はめちゃくちゃ晴れていたので火山灰の舞い上がりっぷりが半端なかった。

引っ越しして真っ先に思ったのが、
「そうか、ここには火山灰がないんだ!
俺はもう、晴れの日に窓をあけてもいいんだ!!」
ってことだったからな。

活火山抱えている地域の方々ならよくわかると思うんだけど、天気の悪い日じゃないと本当に網戸にできないからね。

ちょっとの間あけていただけで部屋中どころか家中の床が火山灰でザラザラになる。
本棚の漫画もCDケースも、カードのスリーブも灰でザラザラ傷だらけになる。
自転車も目まともに目をあけて走れない。

そんな不自由さを不快だと思いつつも懐かしく感じながら帰省3日目がスタート。

今日は午前中温泉に行ってきた。

めちゃくちゃのんびりして、昼食は花岡に去年出来たおしゃれなハンバーグ屋。

高台に建てられて、言わずもがな花岡の美しい田園風景、海、山、夕日、星空、を楽しむことができ、高いステーキやお酒が飲める店で、物珍しさを前にして花岡中の人は去年の開店直後、一度は訪れた。

しかしなにせ周りには農家しか住んでいないような場所だから、料理に高い金を出す、ということに対してちょっと抵抗があるのか、肌に合わない印象だった。
これはすぐにつぶれるだろうな。

と、去年初めて来たときは思っていたんだけど、約一年ぶりに来てみてランチを注文したら、1000円で結構うまい料理がそれなりの量出てきて驚いた。

まあ、一年もあれば変わるよな……。

その点、相変わらず花岡は天気が良くて眺めもいい。

空が青すぎて切なくなる、ゴールデンウィークはもう残り少ない。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.