花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
【聖地巡礼】「ガラスの花と壊す世界」の聖地巡礼に再び行きました!(パルテノン多摩編)
2018072104 (5)
はい、続けてやってきたのは多摩市のパルテノン多摩です。
地理的に三鷹駅や世界貿易センタービルとは距離があるので、ガラこわの聖地巡礼は2回目だけど、ここを訪れるのは初めてです。
2018072104 (4)
駅を出ると、すぐに大通りと広場がまっすぐ見えます。
人通りも多いなぁ、しかもやたらと子供が……と思ったら、このすぐちかくにピューロランドがあるのでした。
なるほどね

2018072104 (3)
しかしいくら人は多くても、大通りの真ん中を歩く人は少なく、みんな道の隅(日陰)を歩きます。
写真で伝わるかどうかっていうと微妙だが、じつはめちゃくちゃ暑い。
日なたにいたらじりじり肌が痛い。
写真の奥に見える巨大建造物まで歩いてみますと、

2018072103.jpg
こんなものが。
これも実はガラスの花と壊す世界の一幕に登場する。

2018072103.png
アニメのシーンはこちら。

2018072103 (5)
映画の冒頭、階段を駆け上がったスミレがデュアルにピアノのコンクールで金賞を獲ったことを報告する。
実際に現地に来てみると、この階段駆け上がるの結構疲れることがわかるw

2018072103 (1)
劇中では日本のある時代の、非常に美しい日本のバックアップデータの第三階層の世界として描かれる。

2018072103 (1)
劇中のバックアップは秋ごろの紅葉の風景だが、今回は緑が青々としているバックアップのようです。

2018072103 (3)
スミレの夢のあるこの美しい世界は、マザーの遺志によりマザーリモートに「きれいなもの」と判断され、ガラスの花として手折られてしまう(冒頭のシーン)。

2018072103 (3)
その世界の美しさは、劇中だけでなく現実の世界でも健在。

2018072103 (2)
しかしガラスの花を手折られ夢を奪われた世界は、奪われたデータを取り戻すために活性化し、ウイルス化してしまいます。

2018072103 (2)
こんなふうに。

2018072103 (7)
一度ウイルスになったら、削除するしかない!

2018072103 (4)
デュアルの魔法陣に包まれたパルテノン多摩の様子。
全体がよくわかりますね

2018072103 (6)
実はこの池の横に、アニメには登場しないけれども、こういう草原があります。

2018072103 (7)
一通り写真を撮り終え満足していた俺は、公演の日陰で休憩していました。

草原には散歩する老夫婦や、友達と遊ぶ小学生、親子、ダンスの練習を若者、大道芸パフォーマンスをする若者と、その周りで足を止める通行人、湖で生き生きとするカモ。

2018072103 (5)
聖地に関係なしに、なんて美しい場所なんだろうと思いました。

これが、リモの集めた世界のきれいなものの1つなんだなと、思いました。

なんていう優しいメモリー
めぐりめぐり愛したセカイ
どんなにいびつな箱の中でも
喜んだ顔に出会えた瞬間
ハートがキラキラしてつながっていく……

ってかんじですわ


以下、関連tweet









実はナナシス武道館→ガラ壊聖地巡礼に行かれている方が俺以外にもいたw
ガラ壊ってどマイナーなアニメ映画だから、今でも好きでいてくれる人がいて嬉しい





















パルテノン多摩にはねんどろいどリベンジのために、今度は紅葉のきれいな時期に行きたいですね
おわり

201807282236
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ