花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
日帰りの山口観光(弁天池編)
日帰り山口観光、最後に訪れたのは、日本の名水百選にも選ばれている弁天池

P1010614 - コピー
透き通り具合は素晴らしかったです。

それが日本の名水100選と呼ばれるゆえんか。

P1010613 - コピー

池の底には洞の破片が落ちており、赤褐色に輝く。

透き通っているせいでわかりにくいけど、かなり深い池なのだそうだ。

水は汲み取っちゃダメらしいが、毎分で相当の量の水が湧き出しているらしい。

青く澄んだ池の中央からあぶくが出ている。

P1010616 - コピー

今までの観光地でも学習したように、水がきれいな土地では植物も大変生き生きとしている。

P1010611 - コピー

と、いうわけで山口観光終了。
お疲れ様です。

山口県はいいとこでした。

それもそのはず、とても素晴らしい人に出会ったからです。

というのも、ここから話が長くなるんだけどいいか?




俺たちは影清洞をめぐり終えた段階で疲れ果てていた。

主にはしゃぎすぎによる。

しかし旅行に餞別をくれた両親には土産を買って帰らなくてはならぬ。

時刻はもう五時。

ちょうど、秋芳洞の土産物屋に戻っても店じまいが始まる時間帯だ。

俺たちは仕方なく、タクシーで最寄りの道の駅へ向かった。

しかしそれが災いし、その道の駅と帰りのバス停とは逆方向で、タクシー代で5000円くらい吹っ飛ぶところだった。

このままでは買い物ができない。

途方に暮れていたところ、道の駅の店長が、俺たちの話を聞いて、車を出してくれる、と言った。

しかも、バスが出るのが7時だと聞くや否や、二時間で回れるだけの山口の観光案内をしてくれたのだった。

おいしい生ういろうをごちそうになり、上で紹介した弁天池に連れて行ってもらったり、地元の地理に関する詳しいお話をしてくださったり、本当にお世話になりました。

遠くまで車で運んでいただいて、これがなければ最後の二時間で山口観光が台無しになってしまうところ、より素晴らしいものになりました。

おそらく、今までの人生の中で最も「いい人」。


旅や観光ってのはいいね。

色んな体験をして、勉強をして、色んな人との出会いがあって。

山口よいとこ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.