花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
日帰りの山口観光(大正洞、影清洞編)
秋吉台の近くのレストランで昼食を終えた三姉弟は、バスで次なる観光地、大正洞へ向かう。

P1010582 - コピー
大正洞は、秋芳洞と同じくカルスト地形の生み出した鍾乳洞。

やっぱり水がきれいなせいか、近く生い茂る木々と植物もめちゃくちゃきれい。

P1010583 - コピー

まるでジブリ作品の世界のようだ。

P1010585 - コピー

誰か俺の写真のセンスも褒めて!

で、肝心の洞窟内部。
P1010591 - コピー
中はかなり広く、秋芳洞に比べて川とか池みたいな水のある場所が少なかった印象。

しかしさすがに、秋芳洞に比べたら見劣りする。

そちらに客足がとられてしまうせいか、ガラッガラでした。

三人で洞窟を占領!!

わはははは!
テンションが上がる!

人がいなかったので、ひたすらインディージョーンズごっこと厨二病大戦を繰り広げる三人。

洞窟単体としてはいまいちだったけど、
一番盛り上がった洞窟であることは言うまでもない。




そんな大正洞を後にした三人は、次なる洞窟へ向かう。

徒歩で。

これが一日の中で一番つらかったですね。

大正洞は見ての通り人の集まる場所ではないみたいで、小さな土産物屋さんがあるだけでバスもなにも通っちゃいない。

ふつうはタクシーを使うところなんですが、金がなかったので歩きました。

めっちゃ辛かったです。

どんくらい辛いかというと、

道中の写真を撮り忘れるくらい。


いろいろ面白い場所があったんだけどなあ。
見るからに胡散臭い色合いの観覧車とか……。


目的地の洞窟の名前は影清洞。

この洞窟に行けば、秋芳洞を中心とした三大洞窟を制覇できます。

その制覇の為に一生懸命歩きました。

しかもこの影清洞には、洞窟探検コースというものが存在したので、
これはやらないわけにはいかん!
ってな気持ちが俺たちの背中を押しました。
(車が通るたびにヒッチハイクしようって話は出てたんだけどね。勇気がなかった)

で、洞窟に到着。

三人で洞窟探検コースをお願いして、出発。

洞窟探検コースとは、ライト付きヘルメットと、長靴、懐中電灯を渡されて、照明が一つも設置していない洞窟の中を好き勝手に歩き回る、というもの。

場所によっては膝まで濡れる、というのを聞いて、
「えー、服は汚したくないなあ」
と思っていたけど、入ってしまえばこの三人です。

ばっしゃんばっしゃん水音を立ててはしゃぎまわりました。

ちなみに洞窟内部の写真はないです。

どうせ撮れないけどね。

冗談抜きで一つも照明がなかったんだから。

低い天井を身をかがめて進んだり、膝まで浸る水の中を進んだり、壁には太古の貝の化石が埋め込まれていたり、エキサイティングな洞窟で姉弟は大満足です。

値段はそう高くないので、絶対にこのコースを頼むべき。


ちなみに、立ち入り禁止の看板の立つ道が洞窟の中にあったんだけど、姉弟はもちろん行きませんでした。

しかしそこの中を進んでいくと、首まで水に満たされるような場所に続いているのだとか。

それを聞いても、わくわくするとか、惜しいことしたとか思わないな、うん。
そんな場所怖くて無理。




と、いうわけでめでたく三つの鍾乳洞を制覇!!
P1010607 - コピー
この記念写真は受付のおばさんに撮ってもらいました。

この姉弟をみて、いったいどう思ったんでしょうね、あの人。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
初めて知った
2012/04/30(月) 20:49:16 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
No title
ヒッチハイクは日本でやると捕まるらしいよ
2012/04/29(日) 20:45:13 | URL | 名無しの黒髪眼鏡女子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.