花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
【折り紙記事700記事目】2017年折り紙ツイートと対応記事まとめ
20171204-08 (12)
定期的にこういう記事を作っておかないと、ツイートを遡るのと同様、過去のブログ記事を遡るのも大変ですから……。

使ったことないんですけど、Twitterにはモーメントという機能があるみたいですね。
そのうち使ってみよう(そのうち、そのうち……


史上初めて折り比べ企画とやらに参加しました。
Twitter新参なので折り比べ企画がなんなのかよくわからずに参加した覚え。
作品作ってその日にツイートを投稿しました、確か。
酉年が幕を開けた一月、年男新年一発目の作品にはふさわしい作品だ。
のちにリメイクされると、こちらのプロトタイプは廃棄される。

※関連記事
【創作折り紙】「風見鶏」創作。こっちが本命?(2017/01/07)




遊戯王カードにポージングモデルをおいた作品。
参考にしたものを明言するのは当時の俺にとっては珍しかったはずだ。
デュエリストから多くのいいねをいただいた。
ちなみにファンデッカスのわい、「真竜皇」は好きだけど「真竜」は嫌いです。
墨で着色したハトロン紙を使ったが、墨で柔らかくなったハトロン紙は乾燥しても強度が弱く、この作品も形が崩れてすぐに廃棄されてしまった。

※関連記事
【創作折り紙】「紙竜皇O.R.G.」制作。征竜になったり真竜皇になったり忙しいやつだ (2017/01/14)
【折り紙話】かっこよかったあのお気に入り作品も……。 (2017/09/07)




遊戯王のDTテーマのストーリーのオマージュ・パロディ・リスペクト・インスパイア・パクリ作品。
「DT世界の近現代史」という、複数の遊戯王カードから推察されるDTストーリーを紹介・解説するニコニコにある動画を友人に紹介され、個人的にDTテーマに特別な影響を受けて作った。
このあたりから折り紙作品だけでなく、作品の背景となる文章を創作することの楽しさの味もしめ始める。
思えば、この作品ものちに廃棄されている。

※関連記事
【創作折り紙】「オリフォドの樹」制作。作品を固定する針金で樹を作る遊び (2017/01/29)
【創作折り紙】「やっこ様」制作。伝承折り紙「やっこさん」にひと工夫! (2017/02/09)
【創作折り紙】世界の合言葉は「オリ」1 (2017/02/10)
【創作折り紙】世界の合言葉は「オリ」2 (2017/02/11)





就活中の作品。
研究室から脱走していたので折り紙をする時間が十分にとれた。
やはり研究室は害悪。はっきりわかんだね。
頭部の試作→ホイル紙試作→クラフト紙→展開図
という比較的まともな生まれ方をした。
「トカゲのしっぽ切り」をテーマに、裏切られ続けるトカゲの物語が開発され、後発の作品にも大きな影響を与え、2017年の空前の四鶴ブームのまさに皮切りとなった思い出の作品だ。

【創作メモ】トカゲの頭試作品・戦士の体試作品・トカゲ戦士試作品 (2017/04/21)
【創作折り紙】「トカゲ戦士」(ホイル紙)創作。一夜の出来事(前編) (2017/04/22)
【創作折り紙】「トカゲ戦士」(クラフト紙)創作。一夜の出来事(後編) (2017/04/23)
【創作折り紙】「トカゲ戦士」台座制作 (2017/04/24))

【展開図】「トカゲ戦士」の展開図。 (2017/05/21)




1月に創作された「風見鶏」をリメイク。
当時すでに内定をもらっていて就活は終わっていたが、「就活です、大阪に行ってきます」と嘘をついて研究室をさぼる優雅な平日に3日ほどかけて折った。
ツイート用の文章は、就活中に乗りまくった高速バス・夜行バスの車内で暇すぎて作ったもの。
つまり文章だけ先にできていて、「作品待ち」の時期があった。
正方形で折られるようになったこと、鶏の部分の細かな整形、そしてなによりNとSのみの2方角で平面作品だった一作目から、4方角に改良し、作品の「幹」のねじれ具合から立体作品になった。
のちにICOAに寄贈され手元に残る風見鶏はひとつもないが、折紙探偵団のカラーページに掲載されるなど、これもまた思い出の作品だ。


※関連記事
【創作メモ】「風見鶏4方角バージョン」試作品 (2017/05/25)
【創作折り紙】「風見鶏4方角ver」制作。つづいた。 (2017/05/30)
【創作折り紙】「風見鶏4方角ver」折り直し制作過程。続けざるを得ない痛恨のミス (2017/06/08)
【折り紙話】「風見鶏」作品解説 (2017/06/09)





「トカゲ戦士」の折り直し、というだけでなく、物語としても一歩進んだ、続編という位置付けにある作品。
インサイドアウトになったこと以外大した変更はないが、流石に折るのが上手になっている。
この作品もICOAに寄贈された。

※関連記事
【創作折り紙】「トカゲ戦士」折り直し。折り直すきっかけは (2017/06/26)
【創作折り紙】「トカゲ隊長」台座制作。素材の魅力を余すところなく活かしていく、そう、 (2017/06/29)
【折り紙話】「テールズ・オブ・オリザード」解説。「トカゲ戦士」「トカゲ隊長」の裏話 (2017/08/27)



「作品紹介」という形はとっていないし、なんなら折り紙の話を一切していないツイート。
作品自体は昨年12月のもので、それに台座を付けたのがこの時期だった。
この作品もICOAに寄贈されるが、展示や撤収に手間がかかる部類の作品だったため申し訳ないことをした、とコンベンションの時に思ったのだった。



ついで、こっちはそのICOAの宣伝ツイート。
フライヤーにはツイッターに投稿した「トカゲ隊長」「オルナイル・オルダナブ」が掲載された。

※関連記事
【創作折り紙】「オルナイル・オルダナブ」作品解説&ICOA展示会の宣伝 (2017/08/09)


こちらはコンベンションの講習宣伝ツイート。
講習枠を取り過ぎて時間が余るなど、大きな失敗が目立ったが楽しかったからま、いっか。
反省点は次の講習に活かしたい。

※関連記事
【第23回折紙探偵団コンベンション】いろんな人と話ができてよかったです(20170811-13) (2017/08/16)




記事1つ分の情報量を、1ツイートに収められないかという実験的なツイート。
ものの見事に収まった。
折り紙記事700記事とかいうけど、その内容、記事の一つ一つは1ツイートに含まれる数枚の画像と100数文字の文章で事足りる内容であるというとがよくわかった。
700記事とか言っても、その内容はせいぜい画像付き折り紙ツイート1000ツイート分くらいだろう。
ちなみに当時はけっこうなスランプ状態で、1か月で試作品が数作できる程度、という時期だった。
そういうときに過去作と関連付けた物語があると、「新作」というよりも「続編」という感覚でモチベーションを取り戻せたり、新しいアイディアが浮かんできたりもする。

※関連記事
【創作折り紙】「羅折鬼」試作品制作。 (2017/09/18)




当時俺の中に流れていた「ホイル紙ブーム」と「四鶴ブーム」の総決算的作品。
四鶴ブームに浮かれて同じ作品を何度も繰り返し折っていく、そういう一年になったわけだが決して後悔させないような結果が得られて満足だ。

※関連記事
【創作折り紙】「オリガミアの竜騎士兵」創作。ひそかなホイル紙ブームが……。 (2017/10/30)
【折り紙話】「竜騎士兵」ポージングモデル・ネーミングモデル (2017/11/02)





史上初めてにして現在まで唯一、Twitterで「100いいね」を貰った作品。
たまたまだが、WODの時期とも重なった。

大学1年生のときに「96等分蛇腹人物像」の第一作を作ってから5年半くらい経った現在の、集大成のひとつといえる非常にお気に入りの一作。
ツイートには普通の解説文章を乗せようかとも思ったが、ここはやはりネタに走るべきだろう
「宝刀じゃばらおり」「じゃばらおり一族」「蛇腹鉄」、そして彼の先祖である「じゃばらおりフセツ」、すべて過去作品で登場した単語で、積み上げてきたものがうまくからめられたのも、作品の出来としても集中して制作に取り組める時間がたまたまとれたこともあって、「お気に入りの一作」が作られる非常によい環境が整っていた。
うん、研究室は害悪。はっきりわかんだね。
折り紙は時間をかけて修練度を上げていくことよりも、むしろ制作に取り組める環境を整えることのほうが大事なのかもしれない。
特にその場その場で考える、一時のパフォーマンスのような作品の場合は。

ブログの方ではわりと真面目な記事を書いた。
「こういう風に折るとよいよ」という指南書ではなく、「思い出し用メモ」もとい「読み返しただけで折った気分にさせる記事」という意味合いで書いてあるので、蛇腹人物に挑戦しようという人にとっては長い記事である割に得られるものは少ないかもしれない。


※関連記事
【創作折り紙】「じゃばらおりラセツ」創作。人物など飾りです。偉い人にはそれがわからんのです (2017/11/07)
【創作折り紙】「じゃばらおりラセツ」作品解説その1。下半身編 (2017/11/08)
【創作折り紙】「じゃばらおりラセツ」作品解説その2。上半身編 (2017/11/10)
【創作折り紙】「じゃばらおりラセツ」作品解説その3。全体編 (2017/11/12)





2017年さいごの折り紙ツイートは、一年間の作品を振り返って終了。
みごとに、


四鶴と蛇腹ばかり!!
こんな年はさすがに珍しい。折り紙に関してはかなり特異な一年間だった。
今年もよろしくお願いしますっすわ






あ、あんまりタイミングがないから今言うけど、俺って、折り紙関係のツイートほとんど「いいね」しないんだ。
Twitterはタイムラインを追いかけるよりも自分のツイートやいいね欄を振り返ることの方が多いので、折り紙ツイートばかり氾濫しちゃうのを避けてときに妖怪いいねはずししているんだ。
ひとさまの作品をいいねもリツイートもしないくせにいいねがほしいなんてむしのよい話はねぇ。
それに拡散しすぎてもあまりよくない。どうせ

「あなた折り紙が趣味なんですか?あなた紙が高価で学校に行ってもノートも教科書もほしくても手に入らない世界中の貧しい子供たちのことを考えたことがあるんですか?これだから平和ボケした日本人は……。もういいです不愉快なのでブロックさせていただきます」


とかリプが付くんでしょ?
そしてスクショを取られてすぐに

【バカッター】アニメアイコン、紙資源の無駄使いツイートをしてしまい炎上wwww


とかまとめサイトに投稿されるんでしょ?
俺、Twitterにはけっこう詳しいんだ。

フォローしている折り紙クラスタ様方の作品、いいねをすることはあまりないかもしれないけど、ちゃんと見てます
画像保存してPCでフォルダに整理してます。


以上で折り紙記事700記事突破記念記事は終わりです。
来年度から社会人なので、ブログもツイッターもほどほどに……、ほどほどにね……。


201801190308
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
Re: おおかみくらげさん
ふつうに社会生活を送っていたらほぼ確実に会うことのない人種なので、SNS上でくらい遭遇してみたい好奇心もありますけどねw
2018/01/21(日) 07:10:21 | URL | 花岡仮ピー #- [ 編集 ]
>>「あなた折り紙が趣味なんですか?~ブロックさせていただきます」

本当にこういう訳の解らないことを言い出す奴等がいるんですよね...
じゃあハンカチで鼻かむ位してから言ってくださいよ...

まあ、放っておけばいいんでしょうけどね。
2018/01/20(土) 14:07:16 | URL | おおかみくらげ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ