花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
【旅行】帰省終わりの福岡で撮影された美しい雲のある風景たち
20180103 (2)
2018年1月3日明朝、飲み会を徹夜で明け、高速バスで博多へ移動した俺。
美しい朝日と羊雲が旅立ちを見送ってくれた
20180103 (1)
高速バスで熟睡していた俺だったが、そろそろつくかな、と思って目を覚ましたのは到着予定時刻11時30分を過ぎた12時だった。
しかし一向にバスが到着する気配がないどころかむしろなんかバス止まってね?
それもそのはず1月3日は帰省のユーターンラッシュで、高速道路の大渋滞にもろにつかまってしまっていたのだった。
でもまあ、睡眠時間が延びるだけだしまあいっか、ということでバスを降りる。

20180103 (3)
そして今度は小倉に移動。
小倉で働く友人と待ち合わせて一泊することになっていたのだった。

20180103 (9)
あまり、というか普段の旅程でまず来ることのない小倉という町、新旧の街並みが入り乱れる不思議な空間だった。

20180103 (4)
しばらくドライブしていると、八幡製鉄所に代表されるような巨大工場群が目に付く。
灰色と赤さびの工場と青い空、そして白い雲、いいかんじだ。美しい。

20180103 (6)
そして今は亡きスペースワールドの姿も。
(飛行機雲がシュールw)

20180103 (5)
昼飯を食ったり、カード屋に寄ったりしながら夕刻を迎える。

20180103 (11)
前日スーパームーンだったこともあって、夜になっても空が明るい。
雲がきれい。
ちなみに月の下の頂上が光っている山は、夜景で有名な皿倉山です。

20180103 (12)
そして友人宅で惰眠をむさぼり翌朝、小倉南インターからバスに乗るため、車で送ってもらう。
福岡でバスを利用するとなれば、当然博多バスターミナルばかりにお世話になるのだけども、今回止まった場所が小倉ということもあって初めて小倉南インターを利用させてもらった。
果たしていったいどんなところか……。

20180103 (13)
なんだここ……。
なんでこんなところにバス停が……?
駅からも遠いし、旅行者向けのバス停ではないな……

20180103 (14)
こうして、俺の正月休みは終わったのだった。


おわり
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ