花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
【創作折り紙】「ヨツルの鎧騎士」制作過程。ところどころに「ピエタ像」のノウハウが。
20171221 (15)
四鶴+ヒダ作品なので、サクッと創作・制作できるのですけども、基本形を畳んで以降の特に頭部の造形は教えるのも難しい。
しかし写真で見れば何のことはない、たんなる

ピエタ像の頭部の焼き直しである。
20171221 (3)
何度も言うように、四鶴+ヒダです。

20171221 (6)
基本的にどのカドをどこに使うかは、迷うことはないし余れば適当に隠せばいいし。
マントは四鶴の辺のカドに重なったヒダを引き出して布状にして使うなど、このへんもピエタ像のノウハウが詰まっています。


20171221 (8)
頭部は紙のカドから出すんですけども、覆面を出すか、目を出すか、鼻を出すか、に応じて顔面に使う「段折りの回数(次の写真)」を決めていく。

20171221 (7)今回は覆面(鼻)と目をつくりましょう。

20171221 (9)
まあこんなもんで。

20171221 (11)
残った上の領域は段折りして、髪の毛にするしわをつくっていきます。

20171221 (12)
頭をM字型に仕上げると、なんかアニメでよくあるような感じの顔と頭の形になるのでお勧めです。
あとはこう言っとけば充分かな?
「写真を参考に仕上げる」



201712261659
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ