花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
スタロにはまったら切り返せなくね?
imagesCA6W1KNU.jpg
伏せなきゃ大嵐にやられる。

そんな恐怖からみんな大好きスター・ライトロード。

嘘。

スターライト・ロード。
今日は例の友達と4時間以上もデュエルする機会がありました。

今日の名場面は、大嵐を止めたスタロ、ゴトバを止めたスタロ、ガイザを止めようとしたが清掃に邪魔されるスタロ、後半の土壇場になっていらないのにやってくるスタロ。

スタロは今も昔も変わらずめちゃ強いです。

大嵐、ブラホ、激流、ミラフォなど、どんなデッキにも入るような強カードを無力化した上でスターダストドラゴンを呼んでくるという、
味方にすれば心強く、敵にすればうるさくて仕方がない。

そんなスターライトロードは、ゴトバ、ガイザ、裁きなど、各種強力テーマの切り札まで滅多打ちにします。

「大嵐が通れば負け」という環境であることは言うまでもないので、ある意味バランスを取ってくれるカードとしてメインから突っ込む伏せ大目のデッキは多い。


ちょっと前までは高額カードで持っている人も少なかったのに、最近では
ゴールドパックにスタダと一緒に入っちゃってホントにもう……。

そんな今では、モンスター、あるいは伏せカードが複数あるときには大嵐だろうがブラホだろうが使いにくいったらない。

後攻で大嵐握ってて、相手の伏せが二枚とかなると、それだけでスタロを警戒。

完全に植えつけられている恐怖心。

「どうせ打つなら早い方がいい」って考えがふつう。

しかし手札が整っていなければスタダに殴り殺されてしまうこともあるくらいだし、細心の注意を払いたいんだ。
ちゃんとスタロが来ても切り返せるかどうか、というのを念頭に置いてプレイしないとだめ。

そう、結局は見えない敵と戦うことになるんだよな……。

だって大嵐が通れば圧倒的有利になるんだもん。


とはいえスタロくらっても「あーあ、大嵐無効になっちゃった。制限カードが無効になっちゃった」だけじゃ済まないんだもんな。

スタダが出るんだもん。

こいつがうざい。めちゃくちゃ。

スタダを戦闘で殺せるモンスターがさっと作れるならいいんだけど、2500というのはそう低い攻撃力じゃない。

例えば大嵐をスタロで消されてスタダを幽閉すれば言うまでもなくアド損。

大嵐を無効にされてアドマイナス2にとどまればいいんだけど、ゴトバやガイザだったら?

ゴトバがリリーフエスケープだったならまだいいと思うんだけど、ガイザをスタロされた時の絶望感はパナイ。

ほんと嫌になるわ。

だからそこで七つを後ろに用意しておきたいところ。

七つはとら☆すたも消せるから、伏せ大目のデッキにはスタロとともに忍ばせておくといいかもね。


しばらくサイクロンやベストロウリィで打ち抜くことが多かったスタロの強さを再確認できた一日だった。


ちなみに今日生まれて初めてサイドデッキを作って試合した。

読みあいがかなり面白い。

デュエルの奥深さも勉強できた。

でもそれだけ頭も使っていると疲れるんだよな。

ある意味スポーツだといえるだろうな、うん。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.