花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
【制限改訂】2017年10月の制限改訂内容が発表!猫リンク剣闘獣と真竜ラヴァルの今後
レスキューキャット

リンク召喚と相性の良いレスキューキャットが無制限に!

新禁止カード
《真竜剣皇マスターP》《ドラゴニックD》

新制限カード
《同族感染ウィルス》《召喚師アレイスター》《真竜拳士ダイナマイトK》
《魂喰いオヴィラプター》《ベビケラサウルス》《ABC-ドラゴン・バスター》
《源竜星-ボウテンコウ》《テラ・フォーミング》《グリモの魔導書》
《真竜の継承》《真竜皇の復活》《トリックスター・リンカーネイション》

新準制限カード
《召喚僧サモンプリースト》《WW-アイス・ベル》《増殖するG》
《貪欲な壺》《未来融合-フューチャー・フュージョン》《化石調査》

制限解除カード
《EMペンデュラム・マジシャン》《黒き森のウィッチ》
《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《レスキューキャット》
《異次元からの埋葬》《炎舞-「天キ」》
《儀式の準備》《機殻の生け贄》
《真帝王領域》《揺れる眼差し》《竜の渓谷》



環境カードが少しきつめの帰省を受けた他、出張パーツやテーマのパワーカードの規制も目立つ今回。
マスタールール変更前に規制された9期環境トップ連中の緩和も見られるが、増殖するGの準制限には驚いた。
来期はスパイラルが強いとかなんとかいう話ですが大丈夫かしら。
そのほか同族感染ウイルスの緩和など。


今回制限緩和されたレスキューキャットは、リンク召喚と相性の良いカードで、特にリンクモンスガ―の新規獲得が確約されている剣闘獣にとっては嬉しい緩和である。
しかもサモプリも準制限。
これはサモサモキャットベルンベルン復活ですね!(去勢済み)
リンクモンスターが1種類貰えるかどうかはわからないが、エーディトルやアンダバタエの存在を考えると下に2つマーカーが向いていて、リンク召喚の素材損失を補いつつエーディトル召喚のサポートができるモンスターがほしいところだが、剣闘獣にとってはその初動とされるリンク2召喚すら厳しいところなので、リンク1「起動効果or召喚誘発でデッキから剣闘獣をリクルートorカードセット」等もらえれば、下向きマーカーを2つもつリンクモンスターを連続リンク召喚することでレディエント等と同様の芸当ができる。
とにかく初動が大切なので、リンク2よりも「エクストラの枠1潰す代わりに、場の剣闘獣がすべてスレイブタイガー搭載になる」といった具合のリンク1の方がほしいのである。


俺の手持ちのデッキでいえば、何気にラヴァルで使っていた「ドラゴニックD」が規制を受けた。
ラヴァル女子やバオバブーンを破壊してアグニマズドをサーチしていたのだ。
バオバブーンはラヴァル女子をデッキに戻しつつ、伝導・爆発を引き込むチャンスを与えてくれる良いカードだった。
それをドラゴニックで能動的に使えることが強かったのだが……禁止になってしまっては仕方がない。
炎王の孤島を使おうかな(あ、これラヴァル抜けるやつ


とまあそんな感じで、最近大会には全然いけてないけども、来期も剣闘獣やラヴァル、テラナイト、HERO等を引き続き使って行こうと思います。
増GいなくなったのでもしかするとHEROけっこう追い風かもしれない。
あ、スパイラル相手じゃきついか



おわり
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ