花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
【創作メモ】太陽の周りをYEAH!YEAH!押し入れ作品「遺影」まとめ(オブジェ編)
DSC024761 (33)

ここまでで段ボールが数個減りましたが、この箱は新しい奴なのでまだまだ箱は減らせそうです。

DSC024761 (11)
風見鶏、第一作ですね。
90cm×120cmのクラフト紙から正方形を切り出した余り紙(すなわち、90cm×30cmの長方形用紙)で折ったもの。
2作以降の試作品も展開図もあるので、再現可能となり不要物となった。
ありがとう、さよなら

DSC024761 (23)
「釣り人」。大学2年生くらいの作品。
紙の角から独立したカドをもつ人物(フードの人)を折りだし、のこりで釣り堀等その人物のいる空間ごと折りだしたもの。
もともとは「ピエタ像」から生まれたネタ作品。
ありがとう、さよなら

DSC024761 (34)
帆船とクジラ、試作品ではなくこれは展開図を書いたときの作品。
自分で書いた展開図を折ってみてはじめてわかるミスとかあったりする。
とくに潮とクジラの付け根らへんは適当だったので実物見ながらでないと展開図もかけない。
こうして、実物と展開図は相補的に作っていったんだ。
ありがとう、さよなら

DSC024761 (36)
これは、ヒダ+宝船で作った、「渡し守」。
ゾンビローンという漫画で登場する「彼岸人」がおしゃれでかっこよくて、なんかどうにかしてそのおしゃれかっこよさを作れないかな、と思っていたがおしゃれやかっこよさとはかけ離れたものになったが、また再挑戦したい。
ありがとう、さよなら

DSC024761 (24)
これは、花と蝶を2体一枚折りしたもの。
帯に近い長方形の紙を使って、蝶の後ろ翅が2倍の厚さにして重ねて折り返し、花の部分を導いている。
花から触手をいっぱい生やして「花の蜜を吸う蝶」「蝶を食べようとする花」という不気味な作品を狙っていた。
これも再挑戦の価値はある。特に蝶の部分は当時に比べて相当簡略化できているし。
ありがとう、さよなら


と、いうかんじで過去作品を振り返ることができ、多くの折り紙モチベを得ることができたうえ、押し入れに空きスペースもできて部屋の片付けがはかどる、という大変有意義な一日なりましたとさ。

さようなら、私のアッヴェニーレ(未来)。

また、私に会いに来て。




その他
捨てなかったもの「制作物編」
DSC024761 (29)
北條さんの「暫」
個人的に模造紙で折ったもの。

DSC024761 (21)
北條さんの「チェーンソークワガタ」
折り紙サークルの活動中に折ったもの。

DSC024761 (40)
神谷さんの「バハムート」
15センチのホイル紙で折ったもの。
たぶん発掘された中で一番古い作品。ひょっとすると高校時代の作品が紛れ込んだのかも。

DSC024761 (19)
今年の東京コンベンションで久しぶりの再会を果たした某sk氏の「マンジュウガニ」。
この作品を折ったのは、当時初参加だった第19回東京コンベンションのsk氏の講習中。

DSC024761 (20)
今年の東京コンベンションで久しぶりの再会を果たした某えずの氏の「シマウマ」。
この作品を折ったのは、第5回九州コンベンションのえずの氏の講習中。


このあたりの作品なら捨てずにとっといてもいいかなって。
コンベンションや折り紙サークルに参加した記念品だし。



おわり


201709082213
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ