花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【デッキ考察】やりたいことができずに構築難度高めでストレスマッハの「猫剣闘獣」
20170703 (3)

ミセス+エーディトルを場に揃えるためにあらゆる手を尽くしましょう
2017-06-30 (2)

ことの発端は2017年7月1日、ブルホーン禁止によって「P剣闘獣」が構築不能となったことだ。

でも同時にレスキューキャットが制限から準制限に緩和したため、猫剣闘獣の構築が可能になった。

20170703 (6)
ブルホーン禁止によってランク4の重要性が薄れたため、アンダルとレスキューラビットを採用するより、サムニテとレスキューキャットを採用するほうがメインデッキの枠に余裕ができるといった感じだ。
エアーズロックサンライズと剣闘獣の相性も良い。

20170703 (7)
ただし猫剣闘獣は、メインデッキの剣闘獣の絶対数が少なくなった。
今まではそれでもランク4さえ立てられればブルホーンによってサーチできたため問題はなかったが、今回はその問題に直面することとなる。
相対的に、手札に剣闘獣を抱えることで威力を発揮するアウグストルは間接的に弱体化。
幸いアウグストルなしでもノクシウス+ノクシウスorエセダリでエーディトルは召喚できるため、アウグストルを見送るのも一つの手だ。

20170703 (8)
アライブ、スレタイ、猫の三種類のうち2種類が手札にあればガイザレスを召喚可能ではあるがその後にエーディトルの素材に加えてさらにミセスレディエントの素材を用意するのはさらなる展開補助カードが必要となる。
このとき、釣り上げ担当のダリウスだが、上級剣闘獣を吊り上げた後にミセスを召喚してからエーディトルを出さなければならないことから、リンク素材としては優秀とはいいがたい。
この点に関してだけはエクシーズとの相性はものすごくよかった。

20170703 (5)
そこで採用しているのが簡易融合だ。
フュージョニストでミセスレディエントを作るほか、獣+暗黒火炎龍で3000打点を作ることもできる。

ほかにミセスを作る手段としえては、切り込み隊長もある。
引いてしまったシャドーミストを特殊召喚する方法としても使える。


しかし簡易にせよ、切り込み隊長にせよ、釣り上げ効果を使った後のダリウスをリンク素材にした場合釣り上げ対象がデッキに戻ってしまうという欠点は克服しきれておらず、そもそもガイザレスからエーディトルとミセスの素材を同時に揃えるのは非常に条件が限られる。

よってノクシウス、アンダバタエ、エーディトルが登場する前の剣闘獣に一時立ち返り、ダークロウ+剣闘獣で攻めるのが吉かもしれない。
ノクシウスは単体でも機能するが、現状のカードプールではエーディトルを主軸にするのは厳しいものがある。
ここはひとつ、エーディト軸の剣闘獣を、剣闘獣のデッキタイプのひとつと割り切り、猫剣闘獣の構築するべきだろう。

うん、いい加減キレそう。


でも猫剣闘獣が組めるようになったのはかなり楽しい。
今期は猫で頑張ろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ