花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【牧野由依】「 YUI MAKINO LIVE —Thanx Beginning♪—」に行ってきました!!!!(20170122)
DSC011301 (7)

人生初の牧野由依ライブじゃ!!

東京まで行ったぞ!!!!!!
DSC011301 (8)


最 高 だ っ た ! ! ! !


DSC011301 (6)
会場は恵比寿ガーデンホール。
17時開場に対して16時くらいに会場には着いたが、すでに「それっぽい」人たちの人だかりが。
とりあえず物販漁って並んで席に着く。
チケットを発券して自分の席を知った時は、すごくステージに遠い席のように思えたけど、実際入ってみればステージと客席たちかくて、かなり見やすくていい席でした。

DSC011301 (5)
ライブの感想。


最 高 だ っ た ! ! ! !



ってこれもう言ったわ。

日ごろから牧野由依のオリジナルアルバムは、高校時代からかなり聞きこんでいているので、知らない曲は初披露の新曲を除いて一曲もなかった。
コンサートDVDがおととしから今までに2枚発売されていて、それを購入したときにライブの雰囲気とか知って、「行きたい!」と思ったので、きつい日程と出費ではあったけど、行くことにしました。

牧野由依さんは、声優としてだけでなくピアニストとしても世界的に活動していて、静かに曲を聴く「コンサート」とお客さんと一体になって盛り上がっていく「ライブ」と、言葉ですみ分けているところはあるのかな、と思っていた。
DVDではサイリウム振ったりコールしたりする人があんまり映っていなかったので、会場の雰囲気で、お客さんが進んでサイリウムを振らない感じなのかな、と思っていたけど、まさか光物持ち込み禁止だとは思わなかった。

セットリスト順に感想を言ってく。

1.ウイークエンド・ランデヴー
2.Merry-go-round
3.星に願うなら



最新シングルからライブスタート。
最初は音がくっそでかく感じた。時々ハウリングしてたし、どうなの?って思った。
コートで登場した牧野さん、真冬の装い。超おしゃれ。
「Merry-go-round」はアレンジバージョンで、なんとなんと、鍵盤ハーモニカを片手に携えて、演奏しながらスタンドマイクに向かう牧野さん。
めちゃくちゃかっこいい!!
そして3曲目、牧野さんの持ち曲の中で特に好きな曲がいきなり!
嬉しくって嬉しくってもう……。
音響についての感想はもう一曲目の時点で忘れて楽しめた!



4.三月物語
5.What A Beautiful World
6.ウンディーネ


すぐに衣装チェンジしてトークして、キーボード弾き語りの「清い牧野由依」パート。
冬の衣装から春の衣装という感じで、
「春を待つ曲は2つくらいあるんですけど……」
と言ってはじめたのが「三月物語」。「春待ち風」かと思わせるミスリードw
「What A Beautiful World」と「ウンディーネ」は連続で演奏したかったらしい。
自分の出演作品を大切にしてらっしゃるのがすごく伝わってきた。
でもたまには「スピラーレ」「ユーフォリア」も聞きたいな←会場には初めて来たくせにw



7.ソルフェージュ
8.太陽を巡って
9.secret melody


「不思議ちゃん」パートの三曲。
CDとも、夏のコンサートの弾き語りとも違うアレンジ仕様で、「secret melody」がくっそかっこよかったの覚えてる。
静かな曲が続いていたので「secret melody」パンチが聞いたアレンジだった。CDにしてほしい
「太陽を巡って」の、「水金地火木……」「春夏秋冬……」のささやきが好きなのと、お客さんがみんな曲に合わせてゆったり体を揺らしているのもよかった。


10.囁きは“Crescendo”
11.88秒フライト


「囁きは“Crescendo”」でこの日一番の事故w
ずっとお客さんは席に座ったまま歌を「拝聴」していたのですが、この曲から一気にアップテンポになったにもかかわずみんな座ったままでw
トークで牧野さん、「心が折れたよ……」とw
「しばらく座らせないぜ!?」と言って「88秒フライト」でみんな立ち上がり大盛り上がり白色喝采、その後の牧野さん、
「ありがとうみんな。気が済んだ♡」←かわいい
牧野さんのキレッキレのダンス、すごかった。笑顔がすごくかわいかった。
まさにアイドルって感じ。


12.CESTREE
13.Brand-new Sky


「88秒フライト」の熱気冷めやまぬ中、ステージが暗転したかと思えばすぐにダンサー2人が登場!
えっ!何が起こるの!と思ったら「CESTREE」のささやくような歌声と、衣装チェンジした牧野さんのダンスが始まって、ふつくしい……という感じ。
ちなみにこのときの衣装、セクシーだった。
「Brand-new Sky」もライブアレンジ仕様で、アップチューンに変貌、もはや原型とどめていないレベル。
ここで牧野さん、汗だくになったので「メンバー紹介!」。DVD持ってたからバンドチームみんな知ってる顔だったw


14.グッバイ・マイ・フレンド
15.the never ending rainbows
16.ふわふわ♪


「グッバイ・マイ・フレンド」では再び鍵盤ハーモニカを手にしてスタンドマイクに向かう牧野さん、だからかっこよすぎだって!!
お客さんとみんなで仲良く手拍子!楽しかったー!本当に楽しかった!
そしてその次の曲はなんとなんと、「the never ending rainbows」だった!
シングル「ふわふわ♪」のカップリング曲で、オリジナルアルバムに収録されていない隠れた名曲、好きな曲だっただけにイントロが流れた瞬間、
うおっ!まじかっ!!!まじかまじかまじか!!!ザネバーエンディングレイボーズじゃん!!!

と超興奮してしまう。しかもライトもちゃんと7色に光って、すごくきれいだった!!ぜひこのライブ、映像化を……!!
そしてその次の曲が「ふわふわ♪」と。
牧野さんの曲の中で「お約束」がある数少ない曲。サビのところでする振り付けは知っていたので、それに周りの訓練済みのお客さんに混じって参加できたのは本当にいい思い出。


そしてこの後、牧野さんが「残すところ2曲になりました…」となって、ファンにあいさつしました。
デレマスやプリパラで新規のファンが増えたことを感じつつ、「これが牧野由依だ!」ということを初見の人にも感じてほしい、と思ってこのライブのタイトル、このセットリストにした、と語ってらっしゃった。

ちなみにこの時点で「ワールドツアー」をまだ演奏していなかったので、残り2曲のうち一つは必ず「ワールドツアー」でしょう、と思った。
じゃあもう一曲はなんだろう、牧野由依のオリジナル曲で一番好きな「私について」を演奏してくれないだろうか……。
と期待しつつ最後の2曲へ。



17.まわる まわる
18.ワールドツアー


なんと最後の2曲は、最新アルバム「タビノオト」の、1曲目と最後の曲!!!
「まわるまわる」のイントロで、宇宙か、海か、そういう広い空間をゆったり漂っていくような空気に引き込まれて、まさに牧野由依さんの歌声による「浄化」が完了したような感じがした。
心の中から黒いものがジュワーッとしみだして清められていくような感じがした。
そして最後の曲は、お待ちかねの「ワールドツアー」!!
俺は会場で「Hello!!!」をするのが大きな目的の一つでした。
楽しかった……!
楽しかった……。


「ワールドツアー」が終わって、一時退場した牧野さんへの拍手はしばらく続いて、アンコールが始まりました。
俺はここで衝撃を目の当たりにするのです!


アンコール
1.私について
2.Reset(新曲)


アンコールで再びステージに姿を現した牧野さん。
「節目の年になるといつもこの曲を歌いたくなります。曲名の前に『31歳になった』という言葉は尽きますが……聞いてください、『私について』」

「私について」きたああああああ!!!!!!


しかも鍵盤ハーモニカアレンジ!!!
もううれしくてうれしくてたまんなかった。
俺の場合、なにともタイアップしているわけでもないアルバム曲で、しかもライブでもなかなか演奏されない曲が自分の一番好きな曲だった時、「俺、この曲すごく好きなんだけど、歌ってらっしゃる本人にとっては何でもない、数ある曲の一つなのかな」とか不安になることもあるのですが。
俺の好きな曲を、牧野さんが大切に思っていることがわかって、本当にうれしくてうれしくて、思い出すだけで泣けてきそうでした。

その後4月放送のアニメ「サクラダリセット」のキャストを担当することが発表されてまた大盛り上がり。
初披露の新曲「Reset」はアニメ主題歌だそうです!
DSC011481 (6)
じつは配られたアンケートと一緒にチラシが入っていたので、勘のいい人は気付いていたかもw
アニメのあらすじを教えてもらった後に聞いた新曲は、「アニメの絵が乗っかりそうな」アップテンポな曲でした。
サクラダリセット……。楽しみだ……。


DSC011301 (10)
そんな感じで興奮で震える手でアンケートを書いて帰りました。
いわゆる「自分得」のライブ、セットリストすぎて、終わった後はしばらく現実と思えないほどでした。
誰かとこの感動を分かち合いたい、誰かとしゃべりたい、と思っていたのだけど、左に一人で座っていたのは女の子だったので話しかけませんでした(牧野由依のファンがキモイ男だと思われてイメージ下がるとよくないなと思ったので)、右となりのおっさんは連れが数人おって話しかけ辛くて、結局ツイッターで備忘録がてらつぶやいただけ。
でもいろんな人の感想ツイート見てる感じだと、牧野由依さんのライブの中でも、今回はかなり「レア曲多め」だったらしいです。

ぜひ何度でも見たい、ぜひ映像化を!!


本当にいいライブでした、牧野由依さん、ライブ関係者、そして一緒に楽しい会場にしてくれたファンの皆さん、みんなに感謝です。


おわり

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ