花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
帆船とクジラ
なんか……、すごい好きな作品でけたwwwww

P1010649.jpg

潮を吹くクジラと、それに持ち上げられて慌てふためく帆船……のつもり。
まずは全体の写真をいろんな角度から。
P1010656.jpg
針金は、紙をまとめるために使ってます。
ホイル紙といえど、さすがにこの細さにつままれるとその形は保てないみたい。
P1010657.jpg
正面から。
クジラの口が怖い。
P1010655.jpg
後ろから。
クジラの部分はやっつけじゃないってこと、わかってくれた?


次は帆船だけの写真。
P1010651.jpg
水しぶきと帆船。
ひょっとして……、あんまり帆船に見えない?
P1010653.jpg
帆船の部分は五つのカドしか出してない。

カド配置は以前発表した「植木の前で読書をする女性」や、「剣闘士」と同じ。

人が帆船と水しぶきに、その他が潮とクジラの部分に置き換えられただけ。

P1010654.jpg
なので柔らかそうに見えるクジラのボディは、余った紙が集積されているため硬くて丈夫。
重い帆船を自力で支えられるほど(もっと有効活用しろよ)。


実は、俺が本当に折りたかったのはこれではない。




本当はこっち。


P1010658.jpg

上で紹介した、ホイル紙で折られたものの、まさに前身とよべる。

学校でもらったいらないプリントで折られている。


こんな風に、
帆船を噴き上げるクジラが、海面から背中だけ、あるいは頭だけを出している状態、にしたかった。

P1010660.jpg
帆船の方は、前作からなにも変えてない。

あ、水しぶきを加えたわ、そういえば。




前作のクジラの方がかわいいわ。



じゃあなぜ、リアルなクジラになってしまったのだろうか。

その答えはある。

何度もクジラの下半身は折らずに、海面まで一枚折りにしようか、と考えた。

しかしそうしたら、どうしても作品が
「ノックアップストリーム」にしか見えなくなってしまうんだっ!!

作品を見たワンピ厨のみんなに
「はは、これノックアップストリームやんwwwwww」
「んならこのクジラはあれかwwww
ラブーンかwwwwwww」

と言われるのは嫌だった。

これはまさに苦渋の選択と言える。

しかしそれなら、「これはどう見てもクジラの背中」と思わせるような作品を作るべきだったんじゃね。


ま、このリアルな方も好きだから作品としてとどめておくよ!


なぜそこまでこのクジラの背中にこだわるか、というと、モデル、というまでもないんだけど、この「クジラが帆船を潮で噴き上げる」、という光景が、俺が5歳くらいの時に見たものからきているからだ。

それは、テレビでDVDが放映し終えたときに流れる映像だ。

電源が入っていることを伝えるためだけに自動で流される映像。

音もなく、帆船、クジラ、帆船とクジラが、延々と画面を泳ぎ続ける。

くだらなすぎるが、俺はあのクジラと帆船が大好きだった。

ブルーレイが来た時にあのテレビもDVDデッキもなくなっちゃったけど。

もう二度と見れないのかなあ、あのクジラと帆船……。

でもその帆船は、俺の記憶の中で、折り紙の世界で、今でも大冒険を続けているんだねえ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
クジラの尾ひれがちゃんと哺乳類型になってるとこがいいと思いました。

2012/04/11(水) 02:42:58 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ